日本とフランスの自殺者数

日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自殺率は10万人で23.7人で8位とかなり上の方だ。減る気配の見られないこの数は社会問題となってきており、特に30代男性の自殺者の増加数は深刻なものだ。

フランスは10万人で17.6人が自殺している自殺率で世界で19位と低くはない。むしろ、ヨーロッパ諸国ではかなり高い方ではないだろうか。世界同時不況の影響によって、多くの会社がリストラを行っているが、先日、このリストラによってまた新たな自殺未遂者が発生した。

フランステレコムの50代の男性社員が、リストラが決まった後の朝の会議で、自分のお腹をナイフで切って自殺を図ろうとしたというもの。かなり大胆なこの行動だが、これによって社員全体の不満が爆発、パリやマルセイユでのデモにつながった。

労組側は経営側の能力に問題があると訴えており、経営側はリストラの一時中止を提案している。この男性、死には至らなかったそうだが、職を失い人生への希望を失った。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  3. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  5. セバスチャン・マルニエ監督

    セバスチャン・マルニエ監督インタビュー スクールズ・アウト

    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial