民主圧勝、そのときフランスは

日本では8月30日は、衆議院選挙で民主党が圧勝を収めドラマティックな一日となった。戦後政権を守り続けてきた自民党の大敗は各国のメディアでも大きく報じられた。

アメリカの番組では「オバマ氏にならい、チェンジを掲げ民主党は選挙活動を行った」とチェンジの部分を大きく取り上げていた。

フランスでは、保守党である自民党は15年も続く不景気を改善することもできず、社会保障問題を山積みにしてきたと報道されていた。民主党は生活を守る党として紹介されていたが、マニフェストがどのぐらい実現されるのかその実力が初めて問われることになる。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  3. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
ページ上部へ戻る