警察官への道閉ざされる

フランスでは、2005年当時、内相だったサルコジ氏に導入された若者の警察学校への特別入学に関する計画が、国の予算の関係で潰れかけている。

サルコジ氏が計画していたのは、多くの若者に警察官として働く機会を与え、さらに警察内の人材を多様化しようとするもの。この計画では、学校の卒業資格が求められず警察学校に特別枠で入ることができる。9月から警察学校に1000人近くの若者が入学予定だった。

しかし、国の予算の都合上、この1000人の入学は取り消されることになり、入学予定だった若者も憤慨している。新しい職を探すもの、元の職場に戻るもの、様々だ。

サルコジ氏のメイン政策の一つとして導入されたものだったが、若者の人生を路頭に迷わせた最悪の政策となりそうだ。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  3. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  7. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
ページ上部へ戻る