警察官への道閉ざされる

フランスでは、2005年当時、内相だったサルコジ氏に導入された若者の警察学校への特別入学に関する計画が、国の予算の関係で潰れかけている。

サルコジ氏が計画していたのは、多くの若者に警察官として働く機会を与え、さらに警察内の人材を多様化しようとするもの。この計画では、学校の卒業資格が求められず警察学校に特別枠で入ることができる。9月から警察学校に1000人近くの若者が入学予定だった。

しかし、国の予算の都合上、この1000人の入学は取り消されることになり、入学予定だった若者も憤慨している。新しい職を探すもの、元の職場に戻るもの、様々だ。

サルコジ氏のメイン政策の一つとして導入されたものだったが、若者の人生を路頭に迷わせた最悪の政策となりそうだ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  3. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  5. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial