3000人分のスイス口座名簿を政府が入手

フランスでは無申告でスイスに口座を開設しているフランス人納税者が約3000人おり、フランス政府はその3000人の名簿を入手したことを発表した。政府は自己申告で違法状態を解消しない限り調査に入ると警告している。

3000人がスイスの口座に保有する資産は総額30ユーロ(約4000億円)にも達している。フランスはスイスと顧客情報の開示などを盛り込む租税条約の改定をすませたばかり。これによって脱税の疑いがある人物の情報を入手することができるようになる。

政府は、スイスに口座を持つ課税逃れの富裕層への徴税を強化していく方針だ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  2. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  4. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  5. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る