グランゼコール卒業後、民間に進むと費用の弁済が求められる

グランゼコールと呼ばれるフランスのエリート教育を行う大学校があります。
フランスでは大学は無償ですが、いくつかのグランゼコールは授業料が無償である他、準公務員として給与も貰えるところがあります。

ポリテクニックは理系の超エリート校で4年間毎月473ユーロの給与と45000ユーロの授業料が国から支払われています。しかし、国のために働かない場合は、これらの費用を弁済しなければなりません。高等師範学校では最低10年間国の機関で働かなければ50万ユーロ支払わなければなりません。

このようなエリート校出身であると、民間企業でも高給で雇われることが多く、いきなり役員待遇の職に就ける場合も少なくありません。ですので、卒業後、国家機関に勤めること無く民間企業へ進んでしまうことも多いのです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  2. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  3. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
ページ上部へ戻る