グランゼコール卒業後、民間に進むと費用の弁済が求められる

グランゼコールと呼ばれるフランスのエリート教育を行う大学校があります。
フランスでは大学は無償ですが、いくつかのグランゼコールは授業料が無償である他、準公務員として給与も貰えるところがあります。

ポリテクニックは理系の超エリート校で4年間毎月473ユーロの給与と45000ユーロの授業料が国から支払われています。しかし、国のために働かない場合は、これらの費用を弁済しなければなりません。高等師範学校では最低10年間国の機関で働かなければ50万ユーロ支払わなければなりません。

このようなエリート校出身であると、民間企業でも高給で雇われることが多く、いきなり役員待遇の職に就ける場合も少なくありません。ですので、卒業後、国家機関に勤めること無く民間企業へ進んでしまうことも多いのです。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  3. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  4. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
ページ上部へ戻る