Guetty Images/ Emrah Turudu

潜水艦危機: EUとオーストラリアの貿易協議が停止

長らく計画されていた、オーストラリアと欧州連合(EU)の間の自由貿易協定(FTA)の交渉が延期されました。フランスへの大型潜水艦の発注を取りやめたキャンベラの決定は、依然として波紋を呼んでいる。

これは、フランスとオーストラリアの間で起きた潜水艦危機の結果の一つです。来週、EUとオーストラリアの間で行われる予定だった自由貿易協定締結のための交渉は、1ヶ月間延期されることになりました。キャンベラのEU関係者がAFPに語ったところによると、「FTAの貿易ラウンドは1ヶ月延期され、11月になった」という。

オーストラリアのダン・テハン貿易大臣は、来週、EUのバルディス・ドムロフスキス貿易委員と会談する予定であるという。「第12回交渉に向けて引き続き準備を進め、オーストラリアとEUの利益にかなう自由貿易協定の締結に向けて取り組んでいきます」と述べました。

また、フランスの大型潜水艦契約をキャンセルしたキャンベラの決定の重要性について、「我々の潜水艦決定に対するフランスの反応は理解しているが、結局のところ、すべての国は自国の国益のために行動しなければならず、オーストラリアはそれを実行した」と述べた。

RFIのキャンベラ特派員であるグレゴリー・プレスは、来年1月にフランスがEU議長国に就任することから、この休止状態が続く可能性があると説明する。欧州連合はオーストラリアにとって3番目に重要な貿易相手国であるため、これはオーストラリアにとって大きな痛手です。条約が締結されれば、現在欧州連合(EU)に偏っている貿易収支のバランスを取り戻すことができます。

シェアしよう!