NATOサミットの終わり:大西洋同盟はすべての問題で前進する

これは、ウクライナでの戦争を背景にマドリードで3日間続いたNATOサミットの終わりです。評価と最終宣言の時点で、大西洋同盟は、フィンランドとスウェーデンの加盟、ウクライナへの支援、東ヨーロッパと南ヨーロッパでの軍事強化、新しい戦略的概念の採用など、議題にあったさまざまな問題を進めることができました。

マドリッドの特使、ロマン・レマレスキエ

最も難しいファイルは対処され、処理されました。

ポーランド、ハンガリー、チェコ共和国が統合のための緑色の光を得るのを見たマドリードでの別のサミットから25年後、今年は正式に加盟プロセスを開始できるのはスウェーデンとフィンランドです。

トルコは最終的にいくつかのカウンターパーティと引き換えに拒否権を解除することに同意しました。これは、進化するのはそれほど簡単ではないようには見えなかったが、最終的に迅速に解決され、30の同盟加盟国の大きな救済に。

ウクライナへの援助の強化

NATOはまた、キエフへの援助を強化するだろう。これが期待されていたことであり、ウクライナ大統領がNATOがもっと多くのことができると信じているとしても、同盟は追加の軍事的および財源を解き放つだろう。

NATOは特に新しいロードマップ、有名な戦略的概念を採用しており、ロシアを組織の加盟国にとって最も危険な脅威とし、「同盟国の利益と安全保障への挑戦」を代表する国である中国を初めて引用しています。

メールマガジン購読

さらに、NATOは気候変動を懸念しており、この文脈で10億ドルの基金をリリースする予定です。

最後に、同盟は中東、北アフリカ、サヘルの状況についても懸念している。テロリズムはNATOの優先事項の1つであり、それがリンクされているこれらの地域の国々とのパートナーシップを維持し、諜報活動を継続することにコミットしています。

►関連記事:NATO、歴史に残るサミットの最終日

https://www.rfi.fr/fr/monde/20220630-fin-du-sommet-de-l-otan-l-alliance-atlantique-avance-sur-tous-les-dossiers-épineux

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks