EU選挙、フランスの結果は

5年ぶりのEU議会選挙の開票が行われ結果が報じられた。世界同時不況、雇用の不安、生活レベルの低下など厳しい世情を反映して、既成政党に対する批判から左右両極の少数政党が伸びるかたちとして終着している。

EU議会選挙は各国に割り当てられた議席数に応じて、全部で736議席を争う。最多割り当てはドイツの99議席、次にフランス、イタリア、イギリスの72議席だ。

フランスではサルコジ大統領のUMPが27%でトップ、快勝となった。選挙前から第一線で活動を行うサルコジ大統領の真価が試されると評されていただけに、このあっさりとした勝利によって、サルコジ大統領のプレゼンスがより強固なものとなりそうだ。

UMPに次いでPS(社会党)が16.48%、ヨーロッパエコロジー党16.28%、MODEM8%という結果に終わっている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  2. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  4. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  5. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial