EU選挙、フランスの結果は

5年ぶりのEU議会選挙の開票が行われ結果が報じられた。世界同時不況、雇用の不安、生活レベルの低下など厳しい世情を反映して、既成政党に対する批判から左右両極の少数政党が伸びるかたちとして終着している。

EU議会選挙は各国に割り当てられた議席数に応じて、全部で736議席を争う。最多割り当てはドイツの99議席、次にフランス、イタリア、イギリスの72議席だ。

フランスではサルコジ大統領のUMPが27%でトップ、快勝となった。選挙前から第一線で活動を行うサルコジ大統領の真価が試されると評されていただけに、このあっさりとした勝利によって、サルコジ大統領のプレゼンスがより強固なものとなりそうだ。

UMPに次いでPS(社会党)が16.48%、ヨーロッパエコロジー党16.28%、MODEM8%という結果に終わっている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
ページ上部へ戻る