EU27カ国、ガス消費量15%削減で合意

ウクライナ戦争を傍観し、モスクワが欧州へのガス供給量の新たな大幅削減を発表したばかりの中、7月26日火曜日の午前中、欧州連合(EU)のエネルギー大臣会合が開かれているブリュッセルで、ある合意に達した。27社は消費量を15%削減することに合意しています。これは、ロシアのガス不足に対処するために欧州委員会が推奨した解決策であった。ハンガリーは「強制力のない」協定を糾弾。

ブリュッセルの特派員、Pierre Benazetと。

この削減は、少なくとも当初は自発的に行われるものですが、この決定は必然的なものではありませんでした。先週、欧州委員会の提案を拒否すると脅した一部のEU諸国が反発した後、激しい交渉の結果、火曜日に妥協案がまとまった。

8月1日から3月31日の間に、過去5年の冬平均と比較してガス使用量を15%削減することなどが合意された。家計消費には影響がない。この措置は、企業および公的機関に適用されます。次の冬にスムーズに移行できるようにするためであり、何よりも次の冬のためにガスを蓄えるためである。

欧州の連帯

今日決定された連帯が、他の国よりもドイツに大きな利益をもたらす可能性があるとしても、それはすべての資本の側からの意識的な選択である。ドイツは、中欧の国々も支援しなければならないと主張しているが、中欧の経済規模はEUの中でも圧倒的に大きく、27カ国はこのままではいけない。

チェコのエネルギー大臣であるヨゼフ・シケラ氏は、今回の合意を次のように総括した。

今日、我々は、再び欧州連合の分断に失敗したウラジーミル・プーチンに対してだけでなく、何よりも我々の市民に対して強いシグナルを送っているのです」。本日の決定により、冬の間、ガス不足や価格ピークなどの劇的な事態に直面することがなくなることを保証します。今後数カ月間の定期的な節約により、十分なガスを確保することができます。ロシアが意図的にガス供給を中断し、ガスを政治的武器として使用することによって、私たちの安全を脅かすことを許しません。EUがロシアのガスへの依存から脱却しない限り、価格は高いままですが、成功すれば価格は下がります。

これらの自主的な削減が十分でない場合、あるいは不測の危機に直面した場合、欧州委員会は強制的な削減を発動することを提案することができる。

メールマガジン購読

いくつかのディロゲーション

そして、この合意を得るために、キプロス、マルタ、アイルランドの3つの島国は、大陸のガスパイプラインに接続されていないため、免除が認められているのである。同様に、ギリシャ、スペイン、ポルトガルは、干ばつで貯水池の水位が低くなり、水力発電の利用ができないため、一部免除されています。

バルト海沿岸諸国も一部免除されています。ロシアの電力網に接続されているため、ロシアが電力を遮断した場合、保有するガスで発電量を補うことができるのだ。最後に、成績優秀者の免責事項として、目標貯蓄量を超えた者は、希望すれば貯蓄量と同量のガスを消費することができる。

こうした免除措置があるにもかかわらず、例えば貯蓄したガスの再輸出を可能にするために、欧州の完全連帯の原則が定められているのです。

この27の決定は、巨大ガスプロムが7月25日(月)に、ノルドストリーム・パイプライン経由の欧州への配送量を水曜日から1日あたり3300万m3まで減らすと発表したことによる。2021年まで、ロシアはEUのガス輸入の約4割を占めていた。

ハンガリー、「強制力のない」協定を糾弾

27カ国中、ブダペストだけが反対し、適格多数決で採択された。

ハンガリーのピーター・シーヤルト外相は報道陣に対し、「国益を完全に無視した、正当化できない、役に立たない、実行不可能な、有害な提案だ」と述べた。

Szijjarto氏は「法的根拠は疑わしい」とし、エネルギー供給の安全保障は「各国政府の責任」であると述べた。

“ブリュッセルの誰かがハンガリー人に、ハンガリーには個人や企業が使えないガスがあることを説明してくれるだろうか?こんなことはナンセンスだ」と。

消費量をロシアの石油・ガスに大きく依存するハンガリーは、エネルギー危機に直面し、7月中旬に「非常事態」を宣言した。

モスクワからの解放を目指すEUの戦略とは逆に、ピーター・シヤルトは先週モスクワを訪れ、ウクライナ紛争以前にブダペストに年間45億供給していたガスに加え、7億立方メートルの追加購入を協議している。

しかし、他のEU諸国は、エネルギー問題が国家主権の問題であるポーランドに近いハンガリーの立場をあらかじめ知っていたのである。

そのため、ハンガリーの立場をあまり考慮することなく、一週間を通して交渉を行った。ハンガリーの拒否は、第一段階では自主的な消費削減を定めているため、当面はあまり意味がない。

そして、26対1の多数決で採択されたため、そのまま適用されることになります。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220726-union-européenne-accord-des-27-pour-réduire-de-15-la-consommation-de-gaz

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 640