食糧インフレは依然として上昇しており、政府は援助制度を望んでいる

フランスの消費者の食品料金は、春に平均10%で上昇します。3月2日木曜日、経済大臣ブルーノ市長は、「すべての同胞」のための支援システムに賛成すると述べた。

農業食品産業とスーパーマーケットの間の年次価格交渉は、今年特に緊張していました。実業家は、農家のためのより良い報酬を理由に、スーパーマーケットにもっと求めています。ディストリビューターは、これらの増加を最終消費者に渡すことを余儀なくされていると言います。

結果:2月の年間にわたる食品インフレの14.5%に加えて、フランスのキャディの価格は10%上昇します。「赤い行進」があってはならないし、これからもないだろう」と今週の木曜日、経済大臣ブルーノ・ル・メールは農業ショーを訪問して反応した。私はこの表現に反論します。それはフランス人を怖がらせる表現です。今後数日間で、可能な限り低価格で多くの製品に関する労働協約を結ぶことを願っています。この協定が3月15日に適用されることを願っています。」

「すべての同胞に影響を与える」援助の「装置」

これらの増加に直面し、Covid-19のパンデミック中に定められた「どのような/またはコスト」戦略に終止符を打ちたいという政府の願望にもかかわらず、政府は援助制度について話している。「私は過度にターゲットを絞ったデバイスに賛成していない」と市長のブルーノは言った。「私はすべての同胞、すべての中産階級、すべてのフランス人に影響を与える装置に賛成です」と大臣は続けた。

このまだ不明なデバイスのコストを制限するために、大臣はディストリビューターや主要な実業家に「彼らの道の一部を行う」よう求めます。「すべてが州によって支払われることはできない」と彼は主張した。「ディストリビューターは追加のジェスチャーを行う準備ができており、メーカーも状況の難しさを理解しています。インフレの重みを分かち合うことを可能にする、今後数日間でこの労働協約を見つけることができると確信しています」とBruno Le Maireは結論付けました。

エマニュエル・マクロン大統領はすでに土曜日にディストリビューターに「努力に参加する」よう命じていた。今のところ、本当に聞こえていない電話。小麦は23%減少し、油、バター、アルミニウム、包装も減少しています。彼らによると、これはスーパーマーケットにこれらの時々「不当な」増加について疑問に思わせる。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20230302-france-l-inflation-alimentaire-encore-en-hausse-le-gouvernement-veut-un-dispositif-d-aide

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks