フランスは来るべきバスティーユの日のために花火の販売を禁止する

フランスは、7月14日の祝日の週末に花火の販売、所持、輸送を禁止することを決定しました。

この禁止は、バスティーユの日のお祝いのために伝統的な花火を組織している専門家や自治体には適用されません。

法令は日曜日に公式ジャーナルに掲載された。

「7月14日のお祭り中に公共の秩序に深刻な混乱するリスクを防ぐために、火工品や花火の販売、所持、輸送、使用は7月15日まで禁止されています」と法令には書かれています。

花火は、6月27日にパリ近郊のナンテールで交通停止中に警察官が17歳の少年を射殺した後、フランスで爆発した騒乱の間に選ばれた武器の1つでした。

暴力は、フランスの治安部隊の間で長い間抑圧された欲求不満と体系的な人種差別の告発を再燃させた。

暴動の復活の可能性を心配して、エリザベス・ボルン首相は土曜日に日刊紙ル・パリジャンに、政府は国民の祝日に「フランス人を保護するための大規模な手段」を展開すると語った。

アルジェリアにルーツを持つナヘルM.の警察の殺害は、2005年以来フランスで最悪の都市暴力を引き起こした。

公式の数字によると、ナヘルの死後、少なくとも1,160人の未成年者を含む3,700人以上が抗議行動に関連して警察に拘束された。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/france/20230710-france-bans-sale-of-fireworks-for-upcoming-bastille-day

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks