パリは、フランスの人種プロファイリングに関する国連の発言を「過剰」と呼んでいる

フランスは土曜日、フランスの法執行機関が最近の暴動に対応して人種プロファイリングと過度の力を使用したと主張する国連委員会の発言を「根拠がない」と説明した。

「法執行機関による民族プロファイリングはフランスでは禁止されている」と外務省は指摘し、「人種プロファイリングにおける過剰との闘いは激化している」と付け加えた。

金曜日の国連委員会は、パリ近郊で警察に射殺されたティーンエイジャーのナヘルの殺害に関する調査が「徹底的かつ公平」であることを確認するようフランスに呼びかけ、人種プロファイリングを禁止するよう求めた。

18人の独立した専門家で構成される国連人種差別撤廃委員会(CERD)は、人種プロファイリングと法執行機関による過度の武力行使について懸念を表明した。

専門家はまた、「私有財産と公共財産の略奪と破壊、そして抗議者の大量逮捕と拘留の報告」を非難した。

国連委員会は、フランスで暴力の噴火を引き起こしたナヘルの殺害につながった状況に関する調査の開始を歓迎すると述べた。

「フランスは、ナヘル・Mの死につながった状況の調査が徹底的かつ公平であることを保証するべきだ…加害者を起訴し、有罪判決を受けた場合は制裁する」とそれは言った。

また、フランスに「人種プロファイリングを定義し、禁止する法律を採択する」よう求めた。

フランス政府はまた、フランスのさまざまな地域で予定されている警察の暴力に対する数十の行進と、2016年7月に殺害された故アダマ・トラオレの追悼集会を禁止した。

黒人だったトラオレは、2016年に警察の拘留中に死亡し、数日間の暴動を引き起こした。

当局は、国を飲み込んだ最近の不安を再燃させる行進を見ることを恐れていると述べた。

(ニュースワイヤー)
https://www.rfi.fr/en/france/20230708-paris-calls-un-remarks-on-racial-profiling-in-france-excessive

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks