フランスはテロ犯罪で有罪判決を受けた2人の市民権を剥奪する

フランスでのテロ攻撃を計画したとして有罪判決を受けた2人の二国間犯罪者は、フランス国籍を剥奪されたが、これは国家によるまれな決定だ。

2023年2月17日に政府登録簿に掲載された通知によると、フランス系モロッコ人の男性とフランス系トルコ人女性が国籍を剥奪された。

モロッコで生まれた32歳のカリム・キナリは、ロワレ県の知事を暗殺し、オルレアン近くの原子力発電所を攻撃することを計画したとして、2019年に7年の懲役刑を宣告された。

トルコの両親からリヨンで生まれた25歳のUnzîle Nûr Sertは、2015年のバタクランコンサートホールへの攻撃の1年後、シリアのイスラム国武装グループのメンバーが指揮した2016年3月にパリのコンサートホールへの攻撃を計画したことで2017年に有罪判決を受けました。

彼女は刑務所で5年間服役し、その後釈放された。

フランスでは国籍の剥奪はまれです。内務省によると、2019年以来、19人がテロのために国籍を取り消された。

フランス民法によると、フランスにとって根本的な脅威であることが示された場合、またはテロ犯罪で有罪判決を受けた場合、政府は国籍の誰かを剥奪することができます。

しかし、それは誰かを無国籍にすることを避けるために、過去15年以内にフランス人に帰化され、他の国の市民である人にのみ適用されます。

フランスで外国人の両親のもとに生まれたセルトは、10代の頃にフランス国籍を取得した。

彼女の弁護士は、彼女がすでに刑務所の時間で会費を支払い、脱過激化グループによって激しくフォローされており、もはやフランスに脅威を与えていないと述べ、この決定を国務院に上訴すると述べた。

https://www.rfi.fr/en/france/20230224-france-strips-citizenship-of-two-people-convicted-of-terrorist-offenses

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1695
Enable Notifications OK No thanks