ロシアの侵略から1年後のウクライナでの戦争の終わりは見えない

ウクライナでの戦争は、戦闘が続く中、金曜日に2年目を迎えた。国連はロシアに撤退を要求することに投票し、G7の指導者たちはウクライナへのさらなる支援を調整する予定です。

国連総会は木曜日に戦争記念日を記念し、ロシアが撤退して戦闘をやめることを要求する決議を圧倒的に採択した。

ベラルーシ、北朝鮮、エリトリア、マリ、ニカラグア、シリアの6カ国がロシアに加わり、反対票を投じた。ロシアの同盟国である中国は32の棄権の中にいた。

ウクライナのヴォロディーミル・ゼレンスキー大統領は投票を歓迎した。

「この決議は、ウクライナに対する絶え間ない世界的な支援の強力なシグナルだ」と彼はツイッターの投稿で述べた。

ゼレンスキーはEUサミットに、ウクライナはより迅速により多くの武器を必要としていると語った

ウクライナでの日付のマーキング

ウクライナ人は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がキエフを占領し、親ヨーロッパ政府を打倒するためにウクライナへの本格的な侵略を命じた2022年2月24日の戦争開始記念日を記念して、何万人もの死者の記念碑、ろうそくの徹夜、その他の追悼を計画しています。

激しい防衛とロシア軍の問題は、ロシアが「特別な軍事作戦」と呼ぶ侵略が本格的な戦争になったことを意味した。

ゼレンスキーは金曜日に記者会見を開き、ロシアの残虐行為の象徴となっているブチャの町を含む全国の記念会議を開催し、司祭は平和のための祈りをリードします。

「悪はまだ存在し、戦いは続く」とゼレンスキーは木曜日遅くに言った。しかし、私たちはそれが私たちの勝利で終わることを確かに知っています。

トレンチ戦争

記念日が近づくにつれて、軍は東部と南部でのロシアの活動の増加を報告し、ロシア国境沿いの3つの北部地域の少なくとも25の町や村が攻撃を受けた。

ウクライナは2022年後半に反攻で成功を収め、失った領土の多くを取り戻した。ロシアは現在、ウクライナの約5分の1を支配しており、その軍事的焦点は、ロシア国境近くのドンバスとして知られる工業地帯を形成するウクライナ東部のドネツクとルハンスク地域を占領することにある。

火曜日の国家演説で、プーチンは戦い続けることを誓い、米国との最後の残りの軍備管理条約へのロシアの参加を中断した。

ウクライナでの戦争は一種の塹壕戦に落ち着き、双方の損失が増加している。死傷者を確認することは不可能ですが、ロシアでは20万人近くの死者と負傷者と推定される人もいます。

グローバルな影響

何万人もの民間人が殺され、フランスへの10万人を含む何百万人ものウクライナ人が自国から逃れた。

戦争は世界経済に損害を与え、国際関係に亀裂をもたらした。

プーチンが核兵器の幽霊を上げ、倍増したいという願望を合図し、ゼレンスキーが自国の主権とモスクワの撤退を主張することで、平和の見通しは暗いように見える。

「戦争がいつ終わるかはわからない。しかし、私たちが知っているのは、戦争が終わったとき、歴史が繰り返されないようにする必要があるということです」とNATO事務総長のイェンス・ストルテンバーグは木曜日にロイターに語った。

「私たちはロシアの侵略のサイクルを断ち切ることを確実にする必要があります。ロシアがヨーロッパの安全保障を削るのを防ぐ必要がある」と彼は言った。

https://www.rfi.fr/en/international/20230224-no-end-in-sight-for-war-in-ukraine-one-year-after-russia-s-invasion

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1697
Enable Notifications OK No thanks