数ヶ月に及ぶ山火事の後、フランスは洪水に備えるよう指示された。

3ヶ月に及ぶ猛暑と、何万ヘクタールもの森林や土地を破壊した前例のない山火事の後、フランスの消防士は、秋の雨の到来を控え、差し迫った洪水に警告を発しています。

フランス消防隊のスポークスマン、エリック・ブロカルディ氏によると、秋に起こる洪水のリスクに対して「準備する時が来た」という。

エリック・ブロカルディ氏は、特に地中海沿岸で今後数週間の集中豪雨の影響を予想するよう住民に呼びかけている。

また、夏の間、「怪物」のような山火事とノンストップで戦ってきた消防士たちが疲弊する危険性についても警告しています。

地中海の水温が過去最高を記録

熱波の後に集中豪雨の危険性が出てくるという、まさにパラドックスです。

フランス気象庁は日曜日に8つの県に雷雨のオレンジ警報を出し、「暴雨エピソード」を警告した。

メールマガジン購読

パリは日曜日の夜遅くに集中豪雨と鉄砲水に見舞われた。

今年は、夏の猛暑による地中海の温暖化で、異常気象現象が多発する可能性があると予想されている。

コート・ダジュールの町アンティーブでは7月に水温が30℃に達し、平年より4〜6℃も高くなった。

火の次は雨に備えよ

地中海沿岸の暖かく湿った不安定な空気の上昇により、秋には激しい雷雨が発生し、時には静止することもあります」と、メテオ・フランスのウェブサイトでは説明されています。

CNRSの研究者であるキャロライン・ジェーン・ミュラー氏は、ル・フィガロ紙に「これは、夏の終わりに起こる典型的な気象現象ですが、水温が高いほど、このような現象はより激しくなる可能性があります」と語っている。

このような集中豪雨は秋にもやってくる可能性があり、洪水のリスクは決して遠いものではありません。

一方、救助活動の最前線にいる消防隊は、洪水の危険性について住民に注意を促している。

https://www.rfi.fr/en/france/20220815-after-months-of-wildfire-france-told-to-brace-for-floods

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks