フランス大統領選挙、使用上の注意

フランスは4月に次期共和国大統領を選ぶ投票を行います。誰が投票できるのですか?誰が候補者になれるのですか?ここでは、選挙のルールについて知っておくべきポイントをインフォグラフィックスで紹介します。

候補者はフランス国籍を有し、有権者であり、18歳以上でなければならない。また、この概念は正確には定義されていないが、道徳的な品位を備えていなければならない。RFI/スタジオ・グラフィック・FMM

大統領選挙、使用上の注意
誰が候補者になれるのですか?
候補者になるには
フランス国籍を有すること。
18歳以上であること
有権者になる

条件 :

選挙で選ばれた500人の代表者の後援を受けること
(市長、国会議員、地域・部門評議員)。
30以上の部門または海外領土から

憲法評議会を派遣するために
資産・負債に関する申告書
出典:内務省、憲法評議会、Vie-publique.fr

 

マスコミは午後8時以前は結果を伝えることができない。RFI/スタジオ・グラフィック・FMM

大統領選挙、使用上の注意
投票はどのように行われるのですか?

第1ラウンド
4月10日 日曜日(4月9日 一部の海外県)
午前8時〜午後7時(一部の自治体は午後8時まで)

絶対多数に達しない場合は、得票数の多い2人が第2ラウンドに進みます。

第2ラウンド

4月24日 日曜日(4月23日 一部の海外県)

午前8時〜午後7時(一部の自治体は午後8時まで)

投票数の過半数を獲得した候補者が当選となります。

エリゼ宮に選出され、任期は5年で、1回更新できる。

 

2019年から選挙人名簿登録のルールが緩和されたことで、フランス国民は3月4日までに名簿に登録することができました。海外在住者の場合は、領事リストへの登録が必要です。RFI/スタジオ・グラフィック・FMM

大統領選挙、使用上の注意
誰が投票できるのですか?
市民権および政治的権利を享受する、年齢の若いすべてのフランス国民。
ただし、選挙人名簿に登録されていることが条件となります。
選挙前の第6金曜日まで登録が可能になりました
(場合によっては、後に)

どこに行けばいいのか?
身分証明書を持参の上、居住地の投票所にて。
(選挙人証は強制ではありません)。
または代理人による

大統領選挙の選挙資金調達には、厳しいルールが適用されます。RFI/スタジオ・グラフィック・FMM

大統領選挙、使用上の注意
候補者は選挙活動にいくらまで支出できますか?

第一次選考の全候補者に対し、約1690万ユーロを支給

二次選考に進んだ全候補者に対し、約2250万ユーロを支給

候補者は、選挙後2ヶ月以内に選挙口座を提出しなければならない。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220307-élection-présidentielle-française-mode-d-emploi

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466