フランス領西インド諸島のマルティニーク島では、11月25日(木)、夜間の都市部での暴力行為に対処するため、夜間外出禁止令の導入を決定しました。マルティニーク島では、隣国グアドループ島と同様、医療従事者への強制的な予防接種を拒否することで生まれた抗議運動が起きており、社会的危機にまで発展しています。

マルティニークでは、当局が声を上げています。これまでは、夜10時まで回遊可能でした。今後は、例外なく3時間前の午後7時からとなります。その目的は、「平和な状況に戻すこと」であり、それによって「対話、作業、進歩が可能になる」だけでなく、「公共サービスの再開と学校制度の再開」でもあると、スタニスラス・カゼール県知事は説明しています。

特に、日中にストライキ参加者が行った道路封鎖は、夜になると秩序を守る勢力との戦いに発展したのである。

県知事は、今夜、警察部隊を強化し、機動性を高めて、暴徒の動きを追跡し、「最も困難なポイントを狙う」と発表した。国の代表は、「個人のグループが損害を与えたり、道路を封鎖したりした」「治安部隊に対する暴力行為が行われた」と主張し、「11人」が逮捕され、「複数の武器」が押収されたと付け加えました。

しかし、今のところ、本土からの援軍も、海外領土担当大臣の訪問日も発表されていない。また、木曜日の朝には、道路封鎖の背後にある地元当局と組合間グループとの間で会合が開かれました。

組合からの要請により、フランス本土からマルティニークへの旅行者は、ワクチンを接種していても、コビットテストが陰性であることが必要になるということだけが発表されました。

状況を落ち着かせるために、フランスのジャン・カステックス首相は月曜日に、ワクチン接種の義務に関係する専門家を「人道的に個別に説得し、支援する」ための「対話機関」の設立を発表しました。

若者は一方で苦しんでいるので、暴力で顕在化させます。私はそれを真っ向から非難します。

https://www.rfi.fr/fr/france/20211125-france-le-préfet-de-martinique-instaure-un-couvre-feu-jusqu-au-retour-au-calme