欧州委員会は、2022年の議会での投票に先立ち、11月17日に輸入森林破壊対策の規制案を提示しました。森林破壊が進んでいる地域で生産された大豆、牛肉、ココアなどの製品は、ヨーロッパでの販売が禁止されます。これは世界初の試みですが、さらに野心的なものになる可能性があります。

欧州委員会副委員長(グリーンディール担当)のFrans Timmermansは、11月17日の記者会見で、「1990年から昨年までの間に、欧州連合(EU)の面積に匹敵する4億2,000万ヘクタールの森林が失われました」と述べました。確かに、世界の森林破壊の大部分はヨーロッパ以外の地域で起きています。しかし、EUには責任があります。森林破壊された土地で生産された商品を輸入すれば、WWFの計算によれば、12年間で350万ヘクタールの森林破壊を引き起こしたことになります。

これが輸入森林伐採と呼ばれるものです。環境問題を海外にアウトソーシングすることは、先進国では当たり前のことです。だからこそ、地球温暖化や生物多様性の損失につながる製品の輸入を制限する法整備が重要なのです。欧州連合(EU)が実施したコンサルティングでは、100万人の回答者のうち81.4%が森林破壊との闘いに果たすべき役割があると考えていましたが、現在ではそのような認識はありません。

歓迎すべき第一歩

そのため、欧州委員会は規制案を提示したばかりで、2022年には欧州議会で議論と投票を行わなければなりません。その一つが輸入による森林破壊です。狙いは?2020年12月31日以降に森林破壊された地域で生産された大豆、牛肉、パーム油、木材、ココア、コーヒー、およびそれらの副産物の一部を、欧州の土壌で販売することを禁止する。

これは大勝利です! EUは本日、輸入による森林破壊を阻止するための史上初の法律を提案しました。これは #EUGreenDeal の重要な要素です。https://t.co/d6yWrd5Nm7

– パスカル・カンフィン (@pcanfin) 2021年11月17日

欧州議会環境委員会のパスカル・カンフィン委員長は、「これは世界で初めてのことであり、非常に誇りに思うことができる」と語りました。「ココア、コーヒー、パーム油、チョコレートなど、生産者が熱帯林の伐採に貢献していないことを証明できなければ、市場への参入を許可しない、と政治的主体が言ったのは初めてのことです。ニコラ・ヒューロ財団のアドボカシー部門の責任者であるサミュエル・レレ氏は、「欧州委員会は、ラベルや民間団体を利用するのではないかと恐れていましたが、最終的に本当の注意義務を利用することにしました。これはとてもポジティブなことで、私たちが何年も前から求めていたことです。

「最近の森林破壊」の定義

輸入者の誠意を確認するために、EUはコペルニクス衛星が提供する衛星画像に依拠します。コーヒーやカカオの生産者がヨーロッパに輸入しようとするとき、その生産物が最近森林破壊されたヘクタールから来たものではないことを、衛星画像を使って証明しなければなりません。周囲の森林を犠牲にして作物が拡大しているかどうかを、1平方キロメートル単位で確認することができます。そうなると、この製品は欧州市場に参入できません。

2021年7月25日(日)にシベリアで発生した火災をコペルニクス衛星が撮影した衛星画像。その画像は、輸入業者の森林破壊に関する主張を客観的に検証するために使用することができます。ESA via AP

しかし、欧州委員会が提案する法案は、衛星画像が2015年から利用可能であるにもかかわらず、2020年12月から撮影された衛星画像に基づいています。そして、2015年から2020年の間に森林破壊された地域からの製品は禁止されません。専門用語で森林の伐採日と呼ばれるものは、国会での交渉の要素の1つになるだろう」。欧州委員会の現在の提案は2020年12月31日に設定されていますが、我々はそれ以上に野心的になることができます」とパスカル・カンフィンは主張します。

議論の中心となるのは、対象となる製品のリストです。フランスの欧州議会議員は、このリストにゴム栽培を加えたいと考えています。世界の消費量に追いつくためには、2024年までに400万から800万ヘクタールの追加が必要になります。ニコラ・ヒューロ財団のサミュエル・レレ氏は、さらに次のように述べています。「ゴムやトウモロコシだけでなく、森林破壊の原因となる鉱山活動や大規模ダムの建設に関連するすべてのものが不足しています。また、森林伐採を行う人々に資金を提供する民間のアクター、特に銀行も除外されています。

森からサバンナへ?

また、ヒューロット財団は、輸出国が林地の損失を補うために他の自然環境を破壊するのではないかと懸念しています。「この注意義務は森林にのみ適用され、サバンナや湿地帯など保護すべき他の生態系には適用されません。森林伐採が、生物多様性に富み、気候保護に必要な他の保護区に移ってしまうリスクがあります」とSamuel Leréは残念がります。

パスカル・カンフィンは、その解決策のひとつとして、農業のやり方を変えることを考えています。「私たちの目的は、生産国、特にアフリカ大陸で多くのカカオが生産されており、ゴムやパーム油の生産も増えていくであろう国を支援することです。私たちは、森林破壊のない生産方法を保証し、ヨーロッパ市場での販売を継続できるように、各セクター、経済界、関係国を支援したいと考えています。MEPは、特にアグロフォレストリーについて考えています。この農法は、樹木の間で作物を栽培することで、生物多様性の一部とキャノピーを保全することができます。「また、すでに森林伐採が行われている場所では、生産性の向上が期待できます。

立法上の非対称性

協会にとっての最後の黒点は、牛肉の問題です。協会はミラー条項を要求しています。これは、私たちが輸入する製品にヨーロッパの法律を適用することを意味します。もし牛肉に鏡のような条項を適用すれば、ヨーロッパの牛肉が生まれてから屠殺されるまで追跡可能であるように、ブラジルの牛肉もそうなるでしょう。しかし、ブラジルでは、トレーサビリティーは、動物が生まれてから数年後に行われる肥育からしか始まりません。まさに立法上の非対称性。

このミラー条項は、11月17日(火)に欧州委員会が発表した規制には含まれていない。問題は、いわゆる肥育期間の前に、動物がどこに行ったのかわからなくなることです。その子牛が森林伐採地で育てられ、最近の森林伐採地ではない輸入業者に販売された可能性もあり、EUはそれを知る由もありません。

財団は、来年予定されている法律の最終投票の前に、フランス政府がこの問題を取り上げてくれることを期待しています。2021年5月、エマニュエル・マクロン氏は、貿易条約のミラー条項に賛成すると発言しました。

<a href=”/af_rfi/”><img class=”alignnone size-full wp-image-3951″ src=”https://www.antennefrance.com/wp-content/uploads/2021/09/af_rfi-1.png” alt=”AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携” width=”161″ height=”60″ /></a>

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20211117-l-union-européenne-pose-un-premier-jalon-contre-la-déforestation-importée