イギリス-フランス:不和のフォアグラ

フランスとイギリスは、クリスマスディナーにふさわしく、フォアグラという新たな対立軸を持つことになった。というか、ヴィーガンに相当する「フェイクグラ」ですね。実際、ロンドン政府は、英国で禁止されようとしているフォアグラに代わる倫理的な食材を探すよう、シェフたちに呼びかけている。

ロンドン特派員より

バラ・マーケットはお祭りのような雰囲気です。この肉屋では、クリスマスのメニューが話題になっている。フォアグラがないことに気づくことはないだろう。このフランスの伝統は、代用品で教育を受けた国民に欠けているようには見えないからだ。たとえそれが、明らかな矛盾を解決することであったとしても。

“私は肉屋ですが、ビーガン運動を本当に応援しています。はい、どちらも応援しています。私は、地元で調達すること、質の良い農産物、良い品種の肉を信じる一方で、一日おきに肉を食べています。ヴィーガン食ではないが、確かにベジタリアン食だ。”

食の問題だけでなく、英国では動物福祉法に基づき、2006年にフォアグラの生産が禁止された。しかし、この15年間は年間約200トンの輸入が続いている。今度の禁止令で、政府はEUのルールから解放されたことを象徴したいのだろう。しかし、ガストロノミーには収益の損失がある。そのため、シェフの創造性を発揮して、ベジタリアンに代わる食材を探すよう呼びかけています。例えば、シェフのアレクシス・ゴーティエがベジタリアンガストロノミーレストランで提供する「フェイクグラ」のように。

個人的にはフォアグラに反対です。動物虐待に反対する団体と一緒に、英国でアヒルやガチョウに強制給餌することを認めないだけでなく、何よりも不必要な拷問を輸入しないように英国政府に要請しました」と説明します。そして、EUの外にいるのだから、できるだろうと言われました。フォアグラを食べるのをやめて、誰も虐待していない、誰も拷問していない、誰も殺していない、でもおいしいフォアグラに自然に切り替えるように説得したいのです。それが本当に重要だったんです。”美味しくなければならない”。

ヴィーガンという生き方?

Brexitを機に、より倫理的かつ公正な輸入を行うことは、非常に良い意図を持っていると思われます。しかし、動物愛護団体Surgeにとっては、政府がバッテリー鶏やホルモン剤を許可し続けるのであれば、動物福祉を法的理由にするのは偽善的であるという。

メールマガジン購読

そして、肉を買ったばかりのこのお客様は、「私たちの動物に対する姿勢には理屈がない」と不思議がっている。例えば、私は猫を飼っています。猫を食べるつもりはない。猫と子牛の境界線はどこにあるのか?つまり、菜食主義者の価値観を世界の仕組みに押し付け始めたら、非常に敵対的な人々の中に身を置くことになるのです。でも、このヴィーガンに対する意識は、少しずつですが、良い方向に向かっているように思います。と、料理好きな私が言ってみる!

この不協和音のフォアグラは、フランスからの輸入品に鼻をあてる象徴的なもので、イギリスがなければ、毎年5,000トンが輸出され続けるかもしれない。

[ja] イギリス-フランス:不和のフォアグラ.mp4 – powered by Happy Scribe

お祭りのような雰囲気です。市場

フォアグラがないのは、この非常に伝統的なものであるため、気づかれることはないでしょう。

フランス語は、オルタナティヴな教育を受けた国民に不足はないようです。

たとえ矛盾を解決するためであっても。

私は肉屋ですが、ヴィーガン運動を心から応援しています。

はい、どちらも応援しています。

ソースが必要だと思います

地元で良質の製品、良い品種の肉で

そして同時に、一日おきに肉を食べて判断しています。

ある日突然、ダメになる。

食の問題を超えて、フォアグラの生産が禁止されました

は、動物福祉法に基づき、2006年に英国で制定されました。

しかし、この15年間、その輸入は約半分の水準で続いている。

次回の禁止で年間200トン。

政府はEUのルールから解放されたことを象徴することを望んでいる。

しかし、ガストロノミーの収入減がある。

そのため、彼はクリエイティビティを呼びかけました。

シェフのフォアグラなど、ベジタリアンのための代替品を探すために

アレクシス・ゴーティエが経営する完全菜食主義のグルメレストランで提供されています。

私自身は

フォアグラを食べない、動物虐待に反対する団体です。

イギリス政府には、「やめてほしい」と言われました。

アヒルの強制給餌を許さないだけで、イギリスでは

しかし、何よりも工場に拷問を持ち込むことをやめさせることです。

そして、彼らは「はい、やりましょう」と言ったのです。なぜなら、今、私たちは

欧州連合の外では、それが可能なのです。

Brexitを、より倫理的かつ公正な輸入を行う機会とする。

とても善意に満ちているように見える。

しかし、セルジュにとっては、動物愛護団体。

動物愛護を法的根拠にするのは偽善者

もし政府がバッテリーチキンやホルモン剤を許可し続けるなら。

そして、肉を買ったばかりのこのお客さんは、不思議に思う。

動物に対する私たちの行動は、必ずしも論理的ではありません。

例えば、私は猫を飼っているので、猫は食べません。

しかし、そうなると、猫と子牛の境界線はどこにあるのだろう。

を探しているのであれば、ということです。

ヴィーガン経済とヴィーガンの価値観を世界に押し付けるために。

非常に強い反対勢力に直面することになります。

しかし、このヴィーガンに対する意識は

は、少しずつ良い方向に向かっています。

そして、料理好きとして言います。

その反応は、不和のフォアグラに影響する。

は、フランス製輸入品に対する象徴的な鼻面かもしれません。

英国がなければ、毎年5,000トンを輸出し続けることになる。

Si Gauchet、ロンドン、RFI。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/reportage-international/20211229-royaume-uni-france-le-foie-gras-de-la-discorde

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks