Le FigaroとL’ÉquipeがAppleとそのApp Storeに対して苦情の申し立て

フランスでは、新聞社のLe FigaroとL’Équipe、およびその他のオンラインコンテンツ出版社が、8月1日(月)にAppleとその独占企業に対して訴状を提出しました。これらのメディアは、カリフォルニア州オークランドの連邦裁判所に提出した訴状の中で、アップル社がユーザーにアプリケーションにアクセスする手段をApp Storeしか提供していないことを批判している。

フランスの新聞社Le FigaroとL’Équipeは、オンラインコンテンツとサービスの出版社を代表する団体Gesteと共同で、Appleに対抗するために力を合わせています。世界中の多くの開発者がそうであるように、彼らはアメリカの巨大企業が「反競争的で不当な独占」を行い、アプリケーション市場でいかなる競争も成立させることができないとして非難している。

Appleブランドは、App Storeプラットフォームで利用可能なすべてのアプリケーションから収益の一部を徴収しています。具体的には、App Storeに設置された決済システムを経由した取引に対して、Appleは30%の手数料を徴収している。同社は、購入者に安全な決済を保証するプラットフォームを提供しています。

「アップルはiOSアプリの配信で市場を独占している(中略)しかし、それは最高のショップを作ったからではない。アップルは、技術的な手段や開発者との契約によって潜在的な競争を阻害することで、意図的に独占状態を築いてきました。Appleの行為は競争を破壊するためのものだ」と原告側は主張しています。

アップルが支配権の乱用で訴えられたのは今回が初めてではありません。2020年、人気ビデオゲーム「フォートナイト」のパブリッシャーである米エピック・ゲームズが、この独占問題をめぐってアップルブランドを提訴した。各国もこのような商習慣を糾弾しています。昨年、韓国ではアップルに代替決済システムの提供を義務付ける法案が可決されました。

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20220802-le-figaro-et-l-équipe-portent-plainte-contre-apple-et-son-app-store

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks