フランスはビーチや学校の近くでの喫煙を禁止する

フランス政府は火曜日、タバコの価格は前例のないレベルに上昇する一方で、国のすべてのビーチ、公園や森林、学校の近くでの喫煙を禁止すると述べた。

「今後、禁煙エリアが標準になるだろう」とアウレリアン・ルソー保健大臣は、政府の禁煙プログラムのプレゼンテーションで記者団に語った。

ルソーは、フランスにはすでに7,200の禁煙地域があるが、ほとんどが中央政府ではなく地方自治体によって指定されていたと述べた。

「私たちは今、責任を移し、ルールとなる原則を確立しています。」

2018年6月25日、ストラスブールの公共公園で「タバコのない環境」(Espace sans tabac)と書かれた看板が描かれています。セバスチャン・ボゾン/AFP
2018年6月25日、ストラスブールの公共公園で「タバコのない環境」(Espace sans tabac)と書かれた看板が描かれています。セバスチャン・ボゾン/AFP

タバコの税金も上昇し、20パックは現在約11ユーロで、2025年までに12ユーロ、翌年には13ユーロに上昇します。

政府はまた、若者の間で特に人気のある使い捨て電子タバコを禁止することを計画している。

エマニュエル・マクロン大統領が約束したように、目的は「2032年までに最初のタバコのない世代」を作り出すことだ、とルソーは言った。

タバコ業界を監視するオンラインポータルLe Monde tu Tabacによると、2022年にフランスには23,300のタバコ販売ポイントがあり、合計310億本のタバコを販売しました。

18歳以上の人々の約25%がタバコの「毎日の喫煙者」であり、フランスも定期的に電子タバコを吸う約300万人を数えた。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20231128-france-to-ban-smoking-on-beaches-and-close-to-schools

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks