欧州のがんの10%は公害が原因であることが公的調査で判明

欧州環境機関(EEA)は火曜日、欧州におけるがん患者の10%近くがさまざまな形態の公害と関係していると警告し、その大半は予防可能であると強調した。

欧州環境機関は、「大気汚染、受動喫煙、紫外線、アスベスト、特定の化学物質、その他の汚染物質への暴露は、欧州におけるがん患者の10%以上の原因となっている」と声明で述べている。しかし、既存の政策、特に公害対策が厳格に実施されれば、この数字はかなり削減できると指摘しています。

EEAの専門家であるGerardo Sanchezは、がんと環境の関連性に関する初の報告書の発表に先立ち、「発がん性、環境、職業上のリスクはすべて低減できる」と述べています。「放射線や化学発がん物質による環境判断のがんは、ほとんど無視できるレベルまで減らすことができる」と記者会見で断言した。

家庭用空気清浄機

同庁のデータによると、大気汚染は患者の1%、死亡者の約2%を占めており、肺がんではその割合が9%にも上る。

最近の研究では、「主要な大気汚染物質である粒子状物質への長期暴露と、成人および子どもにおける白血病との間に相関関係がある」ことも検出されている、と欧州機関は指摘している。

ラドンは自然界に存在する放射性ガスで、特に換気の悪い家庭で吸い込むと、大陸のがん患者の2%に影響すると考えられている。

欧州の機関によると、紫外線(主に太陽光、人工的なもの)は、がん患者全体のほぼ4%を占めており、特にメラノーマは、ここ数十年で欧州で急増している深刻な皮膚がんの一種である。

メールマガジン購読

浸透性化学物質

また、職場で使用され、環境中に放出される化学物質の中にも発がん性のあるものがあります。鉛、ヒ素、クロム、農薬、ビスフェノールA、過・多フッ化アルキル物質(PFAS)などは、ヨーロッパ人の健康にとって最も危険な物質であり、2005年からEUで禁止されているが、一部の建物にはまだ存在しているアスベストも同様である。

EUでは、毎年270万人ががんと診断され、130万人ががんで亡くなっています。世界人口の10%に過ぎない大陸が、新規感染者の23%、死亡者の20%を占めているのです。

(AFP)

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20220627-la-pollution-responsable-de-10-des-cancers-en-europe-selon-une-étude-publique

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667