日本では2019年以降、初めて3人の受刑者を死刑執行

日本は火曜日(12月21日)に3人の死刑囚の死刑を執行し、2019年12月、岸田文雄首相が10月初旬に就任して以来、初めて死刑を適用した。東京の特派員、フレデリック・チャールズと。

政府の木原誠二幹事長代理は、絞首刑に処せられた3人の死刑を何の疑問も持たずに正当化する。”残虐な犯罪が続いている以上、死刑もやむを得ないほど重大で残虐な行為を行った者には死刑を科すべきである “と述べた。

絞首刑になったうちの1人、65歳の男性は、2004年にハンマーとナイフで家族や近所の人たち7人を殺しました。

日本での最後の死刑執行は2019年12月で、2003年に南西部で起きた同じ一家4人の殺人事件で有罪判決を受けた中国人のものだった。日本は、1995年に東京の地下で起きたサリン事件に関与したオウム真理教のメンバー13人を含め、2019年に3人、2018年に15人の受刑者の死刑を執行していた。

しかし、木原誠二は誇張している。日本では凶悪犯罪は稀で、犯罪率は世界でも低いほうだ。

日本の国民は死刑に賛成している

奇しくも、大阪の精神科クリニックで25人が死亡した火災の数日後に、政府は3人の受刑者を処刑しようとしているのである。クリニックの患者の一人が逮捕され、火災は放火と思われる。

政府は世論調査の陰に隠れている。日本人の80%が死刑制度に賛成しているという。

メールマガジン購読

死刑囚は平均15年間を死刑囚監房で過ごす。最後の瞬間に処刑されることを知らされるだけだ。そのうちの1人の弁護士が、非人道的とされるこの慣習を改めるよう政府に訴えている。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211221-le-japon-exécute-trois-condamnés-pour-la-première-fois-depuis-2019

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks