1937年の南京大虐殺の犠牲者の声を伝えるアイリス・チャン

AF注:「フランスが伝える日本」では、フランスで日本がどのように伝えられているかという趣旨で掲載しています。従って本内容はAntenneFranceの見解ではありません。しかし、本記事は著しく公平性が欠ける記事である事を付け加えておきます。ご了承の上、ご覧ください。

 

1997年、中国系アメリカ人のジャーナリストで歴史家のアイリス・チャンは、『The Rape of Nanking』を出版し、日中戦争(1937-1945)の記憶に大きく貢献した。この歴史的エッセイはベストセラーとなり、1937年の大虐殺を世界に知らしめたが、その著者は数年後に自ら命を絶ったこともあり、深く心に刻まれた。

それまでは、日中戦争(1937-1945)の単なるエピソードとして、20世紀末まではほとんど逸話として忘れ去られていたのである。しかし、南京攻略はこの紛争で最も血生臭い出来事の一つであり、6週間という長い期間、日本側の発表では軍人・民間人の死者3万8千人、中国当局の公式発表では30万人、2万から8万人が強姦されるという、前代未聞の恐ろしい暴力が繰り広げられたのである。

1937年12月13日、日本軍が蒋介石政権の首都であった南京を占領したことから、この大虐殺は始まった。それが終わったのは、1938年2月である。日本軍が南京に入ったのは、上海での激しい戦闘の数週間後で、中国人の抵抗を罰する目的で行われた」と、イナルコで中国・東アジア史の講師を務めるデビッド・サーファス氏は強調する。何より、一部のビジネスマンや宣教師を除いて、国際的な証人がいなかったのだ。この壇蜜の大虐殺は、白人の犠牲者がいなかったため、中国国外にはほとんど反響がなかった。

中国系アメリカ人の若きジャーナリスト、アイリス・チャンが『The Rape of Nanking』(Penguin Books, 1997)を出版し、この虐殺の規模を欧米に知らしめたのは、それから60年後のほぼ1日後のことだった。この歴史的エッセイの中で、彼女は日本による強制労働の日ごとの経過をたどり、犠牲者の数を正確に推定することを試みている。特に、20世紀最大の虐殺の一つである南京事件の記憶を蘇らせること、そして、南京事件の中国人犠牲者と、彼らを助けようとしたナチスの実業家ジョン・レーブなどの人々に敬意を表すること、この2点が彼女の明確な目的であった。

ベストセラーとイデオロギー闘争

この2つの目的は、いずれも大きく上回っています。1997年11月21日に英語で出版され、複数の言語に翻訳された『The Rape of Nanking』はすぐにベストセラーとなり、4ヶ月で12万5000部以上を売り上げ、10週間にわたりニューヨークタイムズのベストセラーリストに載った。特に「グッドモーニング・アメリカ」では、南京事件の異常な蛮行と作家のカリスマ性に唖然とする聴衆を前に、アイリス・チャンは南京事件の話をするよう招かれ、プライムタイムの番組の寵児となった。

この若い女性は、1年半で65都市を回るという長い会見を行い、ヒラリー・クリントンからホワイトハウスに招待されたこともあった。OCA(中国系アメリカ人組織)はアイリス・チャンを「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出し、日本の戦争犯罪を米国に公式に認めさせるため、この本を中心に地域社会が動員されたのです。この本が転機となった」と語るのは、元フランス記者で、歴史エッセイ『戦争を始めた男、石原』(Armand Colin, 2012)の著者であるブルーノ・ビローリ氏だ。すっかり忘れ去られていた出来事を、再び表舞台に立たせてくれたのだ。彼の後では、南京の記憶を消すことはできない。

彼の出版は、アジアで2つの大きな波が衝突している時に行われました。1995年、毛沢東以後の共産党は、思想的な柱を変え、民族主義を階級闘争に置き換えた。この新しい包括的なナショナリズムは、国民党を考慮に入れるようになり、日中戦争がこの新しい記憶の中心的な場所となるのである。また、民間人の被害者についても新たに重要視しています。

兵士の活躍を中心とした英雄物語に、民間人の犠牲者の殉教物語が加わったのだ」とデイビッド・サーファス氏は要約する。第二次世界大戦で最も被害を受けた国として中国を紹介し、国際秩序の再編成の要求を正当化しようというのである。同時に、日本の右翼は「正しい戦争」という物語を押し付けるために、戦後の記憶を消し去ろうとしている。

「アイリス・チャンはすぐにこのイデオロギー闘争の渦に巻き込まれる」とブルーノ・ビローリは言う。日中戦争を西洋のくびきからアジアを解放するためと後付けで正当化する日本の修正主義者にとって、『南京の菜根譚』は侮辱である。1998年春には、駐米日本大使がこの本を公然と非難し、在ハワイ日本領事の小川剛太郎がマノア大学でのアイリス・チャンの講演会を阻止するよう働きかけを行った。

賛否両論ある本

この若い女性は、アメリカのジャポノロジストたちからも冷ややかな目で見られていた。彼女の作品には、事実誤認、近似性、偏向性があり、厳しく批判されていると言わざるを得ない。アイリス・チャンの本は、歴史家の間では非常に評判が悪い」とデイビッド・サーファスも認めている。日本に関する項目は、全体的に非常に問題がある。実際、彼女は日本という国に対してかなり本質主義的で、ほとんど東洋的なビジョンを持っていた。彼女は日本という国を、暴力崇拝に傾倒したサムライの民と表現している。

アイリス・チャンの論文は、「忘れられた第二次世界大戦のホロコースト」という副題に要約されているように、南京大虐殺は日本政府による計画的な殲滅計画の結果であるという。「ホロコーストという言葉は、本来の意味からすれば間違いではない」とブルーノ・ビローリ氏は説明する。しかし、細部に至るまで産業組織であったショアと同じレベルに置くことはできません。一方、この事件は、殺人的な熱狂の瞬間なのです。

日本軍は19世紀末の1894年の旅順事件で、数千人の中国人民間人や捕虜を即座に処刑するなど、早くも残虐な行為で頭角を現していたのである。構造的に、軍の執政には重大な欠陥があり、兵士たちは自分たちを養うために略奪行為をせざるを得なかった。また、上官からレイプや殺人の白紙委任状ももらっていた。日本軍は町を占領すると、そこを略奪した」とブルーノ・ビローリ氏は要約する。そして、住民たちは、屈することなく、そのほとんどが剣にかけられた。それは、あらかじめ決められたプランというよりも、モラルの問題であった。

個人的なコミットメント

しかし、アイリス・チャンの仲間たちが彼女を許さないのは、一般向けの本としてはごく普通の誤りや近似性よりも、彼女が若い女性であり、しかも美しく、警戒区域に踏み込むということなのである。彼女は、昔のアカデミックなバラックのメンバーではなかった」とブルーノ・ビローリさんは振り返る。日中韓の歴史は、彼女が正統派であってはならない分野であった。

アイリス・チャンは歴史家ではなく、ジャーナリストだからだ。米国に移住した2人の中国人学者の娘で、1968年にニュージャージー州プリンストンで生まれ、イリノイ州シャンペーン・アーバナで育ちました。1989年にイリノイ大学でジャーナリズムの学士号を取得し、卒業前からニューヨーク・タイムズ紙の地方特派員として成功を収めた。その後、名門ジョンズ・ホプキンス大学でライティングの修士号を取得し、中国の技術者銭学仙の伝記を初めて執筆し、高い評価を受けた。「南京大虐殺」は、29歳の時に出版された2冊目の本である。

「彼女の主観的な考え方は、本の中ではっきりと述べられている」とDavid Serfassは言う。アイリス・チャンの母方の祖父母は、大虐殺の数週間前に日本軍の進軍に直面し、南京を脱出したのである。家族の話に深い衝撃を受けた彼女は、アメリカの図書館で調べ始めたが、このテーマに関する英語の資料がないことを知った。

アイリス・チャンは著書の中で、この出来事に対する認識が、1990年代半ばに、1989年の天安門事件の余波で形成されたネットワークを通じて、中国系アメリカ人コミュニティーの中で国境を越えた対話によって生まれたと語っている」とデイビッド・サーファスは言う。ちなみに、この一節は、彼の著書の中国語版では完全に書き換えられている。

また、南京事件の目撃者であり、重要な役者であったジョン・レーブの日記を発掘し、その運命は2009年にドイツ・中国・フランスの映画『南京の義士ジョン・レーブ』によって不朽のものとなった。

出版後、大きな成功を収めたにもかかわらず、あるいはそれゆえに、アイリス・チャンは批判を一身に受けることになった。ブルーノ・ビローリさんは、「彼女は悪質な攻撃を受けていた」と言う。自分自身のこととして取り組んできたことだからこそ、より耐え難い攻撃だった。このジャーナリストは、スキャンダルを起こすことを恐れず、日本政府に対して戦争犯罪の謝罪と被害者への金銭的補償を公に要求していた。

「レイプ」出版後の数年間は、アイリス・チャンにとって地獄への転落が待っていた。2004年、神経衰弱と精神病を患い、11月9日、カリフォルニアの車の中で拳銃自殺した。当時、彼女は日本の工作員に殺されたという陰謀論があり、自殺に見せかけたというのです」とブルーノ・ビローリさんは言う。私の考えでは、彼女は南京大虐殺の目撃者になりそうなほど仕事に没頭していた。2007年、中国はまさにその記念館にアイリス・チャンの銅像を建立した。まるで、その若い女性が南京大虐殺の最後の犠牲者であるかのように。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/culture/20211213-iris-chang-la-voix-des-victimes-du-massacre-de-nankin-en-1937