25年の時を経て、カルト漫画『ONE PIECE』に終止符が打たれ、ファンの興奮が高まっています

全世界で累計4億9000万部という驚異的な大ヒットを記録している漫画「ワンピース」が25周年を迎えます。すでに100巻以上刊行されているこのカルト的なシリーズが、まもなく終了することを原作者の尾田栄一郎氏が発表した。ワンピース」サーガの終わりが近づき、日本人はとても焦っています。

東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

1ヶ月の中断を経て、有名な漫画週刊誌「週刊少年ジャンプ」が今週月曜日(7月25日)からついに「ワンピース」のエピソードの掲載を再開します。そして、四半世紀前の1997年に始まったシリーズ・カルトの最終回となる。

そんな東京の若者たちが、新聞販売店や書店に駆けつける。”このマンガで、また笑って、泣いて、振動して。大変なことになりますよ!」と若い女性が叫ぶ。”スリリングで、面白くて、クレイジーで、ヒステリックだ。このマンガはとにかくすごいんです」と、隣の男性が言う。”主人公のルフィは本当に世界一かっこいい “というのが、ファンの結論です。

フランスで25万部印刷

この若い母親と小さな女の子には儀式がある。ワンピースの新巻が出るたびに、ソファに寄り添って一緒に一気に読んでいるそうです。順番にページをめくっていくんです」とお母さん。泣いたり、震えたり、一緒に笑ったり。いつも美しい瞬間です。この漫画は本当に素晴らしいです。”実は、ルフィと出会ってから、私の一番の夢は男の子になることなんです。彼のようになろうとすること」と、少女は認める。

尾田栄一郎の漫画は、ベストセラー現象であり、商業帝国である。日本では何年も前から、ワンピースのチップス、ドーナツ、麺類、チューインガム、ソーダ、そして靴下やパジャマまでもが販売されています。そして、これらの製品は飛ぶように売れるのです。この漫画があらゆる記録を更新しているフランスでは、最新の翻訳版が25万部発行されており、これは通常ゴンクール賞のために用意される驚異的な数字である。

 

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220725-après-25-ans-la-fin-approche-pour-le-manga-culte-one-piece-et-l-excitation-monte-pour-les-fans

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks