日本:電力消費量削減の呼びかけ

史上最も短い梅雨を経験した日本は、記録的な暑さに見舞われています。政府はエネルギー不足を懸念し、東京都は住民に節電を呼びかけている。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと。

気温35度、湿度80%という、東京では経験したことのない暑さの6月となった。首都圏から100キロ離れた伊勢崎市では、日曜日に温度計が40℃に達しました。福島原発を運営する東電は、東京の主要な電力供給元でもあり、需要を満たすことは困難であると警告している。いくつかの火力発電所は停止している。

エアコン

東京都では、午後3時から午後6時の間にできるだけ節電するよう呼びかけています。この時間帯は、東電の予備電源が最も少なくなる時間帯です。また、エアコンがフル稼働する時間帯でもあります。7月から8月にかけて、政府は全国的な電力不足を懸念しています。

原子力の復活

岸田文雄首相は、いまだ停止している原子炉を再稼働させる決意を固めている。福島原発事故後、稼働しているのはわずか10基。合計すると、日本企業の80%が経済的、環境的な理由から原子炉の再稼働に賛成している。20年ぶりの円安で、石油、ガス、石炭の輸入が不自由になった。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220627-japon-des-appels-à-réduire-la-consommation-d-électricité

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks