2021年9月8日、ウィーンで記者会見するオーストリアのセバスチャン・クルツ首相。Reuters - Leonhard foeger

オーストリア: セバスチャン・クルツ首相を対象とした汚職調査

オーストリアの汚職防止検察局は10月6日(水)、保守派のセバスチャン・クルツ首相をはじめとする9人の人物と3つの組織を対象に、さまざまな汚職犯罪に関する捜査を行っていることを発表しました。同じ日にいくつかの検索が行われました。

ウィーンの特派員、イザーク・ハイエースとともに

オーストリアのメディアの報道によると、保守党のセバスチャン・クルツ首相を含む10人と3つの組織に対する様々な汚職事件の捜査の一環として、保守党「ÖVP」の本部、首相官邸、財務省が水曜日に捜索されたとのことです。

反汚職検察庁は、公金が保守党のために使われたのではないかと疑っています。2016年から2018年にかけて、当時ÖVPの手中にあった財務省が、セバスチャン・クルツと同党に有利な世論調査に資金を提供し、時には「操作」していたと検察は主張しています。検察官によると、あるメディアグループは、これらの人気調査の発表と引き換えに支払いを受けていました。問題となっているメディアグループは、同名のタブロイド紙を所有しているÖsterreichグループです。

これまでに反応した容疑者たちは、セバスチャン・クルツ首相を含めて非難を否定しており、水曜日の夜に公共テレビで語った。

この新しいケースは、保守派とエコロジストの間の同盟関係にダメージを与える可能性があり、一方で、政権を握っている右翼にとっては、司法制度のトラブルが多発している。

シェアしよう!