フィンランド:ヨーロッパの新しい「鉄のカーテン」

「鉄のカーテン」はヨーロッパに後退した。これはロシアのウクライナ侵攻の結果の1つです。壁は東の国境のいたるところに立っています。リトアニア、ラトビア、エストニア、ポーランド、フィンランドでは、ロシアとヨーロッパ最長の国境を共有しています。ヘルシンキは、モスクワから国境への移民の派遣を恐れている。したがって、最も敏感な地点にフェンスが建てられます。最初のキロメートルのフェンスは、南カレリアの南東に建てられた。

ルッカリ中佐が国境を視察する。ロシアはこれらの木のすぐ後ろに10メートル未満だ、と彼は説明する。しかし、今年の夏以来、両国を隔てた小さな障壁は解体されました。代わりに、有刺鉄線で乗り越えた高さ3メートルのグリッドが建てられました。それは長さ3キロメートルにわたって森を曲がりくねっています:「50メートルごとに、私たちはカメラとモーション検出器を持っています。これは、人間の存在が発生した場合に私たちに警告する検出システムです。誰かがそれを渡ろうとしているのを見つけたら、私たちは警告され、その地域にパトロールを送ることができます。」

ロシアの戦車の侵略よりもはるかに、国境警備隊は、数百人の難民の到着で2015年の場合と同様に、移住問題のモスクワによる道具化を恐れています:「今日、国境では非常に穏やかです。年間10から20の違法通行が記録されている。しかし、このフェンスは、より大きな規模で移民の波に対処するために作られています。それは2015年の冬にラップランドで起こった。私たちは同じ国境検問所で亡命希望者と一緒に終わりました。私たちは一度に数千人になりました。」

ロシアから意図的に送られた亡命希望者?

「言うのはとても難しい」とルカリ中佐は答える。しかし、ねえ、彼らはすべて同時に同じ交差点に到着しました。それが私たちがこのフェンスを建てている理由です。リスクがなければ、私たちはこの壁を作っていなかったでしょう。しかし、今後数週間で何が起こる可能性がありますか?今後数ヶ月で?」

国境から約10キロ、30,000人の住民が住む平和な小さな町イマトラは、ロシアの隣人なしで生きることを学びます。しかし、壁が何を変えるかを住民に尋ねることは、答えて面白い笑い声を聞くことです:「正直なところ、私は知りません」とローレ(32歳)は反論します。ここには壁は一度もなかった。何が変わるのかよくわかりません。今、私たちはNATOにいるので、私にとってこれはすべて政治的です。決めたのは人口ではなかった。」

戦争の記憶

フィンランドでは、ロシアのウクライナ侵攻が痛みを伴う過去の記憶を復活させた。第二次世界大戦中、ロシアに敗れた国は、その領土の10%によって切断された。マッティ・アヴォネンンの家族が、現在ロシア側にある土地の一部を奪われたのはこの時でした。

マッティ・アーヴォネンはロシアとの国境沿いに住んでいます。© RFI/ニコラス・フェルドマン
マッティ・アーヴォネンはロシアとの国境沿いに住んでいます。© RFI/ニコラス・フェルドマン

この63歳の農家は、松林の真ん中の畑に住んでいます。彼はフェンスが家に到着するのを見たいと思っている。ウクライナでの戦争以来、国境での活動は強化されています:「ここでは、違法な国境通過の場所です。ルーマニア人とアフガニスタン人が私の家に到着するのを見ました。2022年3月、ウクライナでの戦争が始まった直後、軍隊から逃れた若いロシア人がサンクトペテルブルクから到着した。真冬に彼を歓迎したのは私の隣人でした。国境警備隊がここに着くのに1時間半かかった。だからこそ、このフェンスは良いことです。ある日、多くの人々が一度に到着した場合、このフェンスは国境警備隊に到着する時間を与えます。」
南カレリアは、フェンスの最初のキロメートルを実験するために選ばれ、夏の終わりに評価を行う必要があります。3〜4年以内に、ロシアとの国境に沿って合計200キロメートルの金網と有刺鉄線を建てる必要があります。

ニコラス・フェルドマン
https://www.rfi.fr/fr/podcasts/les-murs-du-monde/20230821-finlande-un-nouveau-rideau-de-fer-sur-l-europe

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1695
Enable Notifications OK No thanks