フランスと日本は安全保障パートナーシップを強化したい

1月9日月曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領と日本の岸田文雄首相は、アジア太平洋地域の安全保障の観点から両国間のパートナーシップを強化する意思を表明した。

「東西海と南シナ海で力ずくで現状を変えるための一方的な試みが激化し、安全保障環境がますます緊迫しているため、太平洋国であるフランスとの協力を促進し続けたいと考えています」と、岸田は、特に共同軍事演習に言及して、中国を暗示して述べた。

日本の首相は月曜日にパリでヨーロッパツアーを開始し、その後北米でヨーロッパツアーを開始し、日本を含む他のG7諸国のカウンターパートに会い、1年間交代大統領を引き継いだばかりです。

「フランスは自由で開放的なインド太平洋空間を達成するための主要なパートナーです」とエリゼでのワーキングディナーの前に日本の首相は主張し、自動車(ルノー・日産・三菱同盟)、原子力、再生可能エネルギー、民間航空における二国間協力も歓迎した。

パリと東京の新しいパートナーシップに向けて

エマニュエル・マクロンは、既存のものに加えて「新しいパートナーシップを構築する」という共通の願望を主張し、新しい「気候変動と戦うために必要なイニシアチブ」に言及した。フランスは武器協力にも関心があるが、日本は防衛戦略の大幅な改訂を実施し、軍事支出を大幅に増加させている、とエリゼは指摘する。両国はまた、アジア太平洋とフィジーでの共同開発プロジェクトに取り組んでいます。

岸田文雄はまた、「ロシアに対する制裁を強化し続けるためのブロックを作り」、ウクライナを支援するという日本のG7大統領の「決定」を強調した。「日本は平壌による国際法違反に対する揺るぎない支持を頼りにできる」とエマニュエル・マクロンは指摘した。

ノートルダム大聖堂もディスカッションメニューにあります

彼はまた、2019年の火災が世界中の感情の波を引き起こし、特に日本の外国の国家元首と政府首脳にとって初めて、世界中の感情の波を引き起こしたノートルダム大聖堂の建設現場を訪問するためにホストを招待しました。「彼がパリに来たとき、私は彼に仕事の進捗状況を示し、当時日本人に多くの影響を与えたものにうなずくことができると約束した」と彼は言った。

エマニュエル・マクロンはまた、早くも2019年に設定し、非常に野心的であると考えられていた2024年末の大聖堂の再開のスケジュールを思い出しました。「コースを設定することによって、正しい順序で物事を行うことによって、私たちはそれを見ます[..]私たちは前進し、したがって、特にうまくやって、うまくやることによって、この目標を保持します」と彼は言いました。

https://www.rfi.fr/fr/monde/20230110-la-france-et-le-japon-veulent-renforcer-leur-partenariat-de-sécurité

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks