福島水の排出は8月24日木曜日に開始しなければならない、と日本が発表

損傷した福島発電所からの処理水の海への排出は、8月24日木曜日に開始されると、日本の岸田文雄首相は、福島地域の漁師との最後の会談の後、依然として水の排出に反対していると発表した。この操作は7月に国際原子力機関(IAEA)によって検証され、約30年間続くと予想されています。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと

福島発電所を担当する電気技師の東電工は、ついに原子炉注入、雨水、地下水から130万トンの水を海に排出する許可を得ました。この水はすべて1000以上の巨大なタンクに貯蔵されています。数百人の従業員がタンクの監督とメンテナンスに割り当てられています。より多くの保管はもはや不可能です。Tepcoは、工場の解体を実行するためのスペースを解放する必要があります。

国際原子力機関は、処理された水の海への漸進的な放出が「人口と環境への無視できる放射線的影響」をもたらすことを保証する。

海水で処理して希釈した後、水は水中トンネルを介して海岸から1キロ離れた海に排出されます。ろ過は1つを除くすべてのトリチウムを除去し、すべての放射性核種を除去します。科学者たちは、福島の水は他の原子力発電所によって世界に排出される水と変わらないと言います。

ポーツマス大学の環境教授であるジム・スミスは、太平洋の生態系へのリスクに対する懸念は「科学的証拠に基づいていない」と考えている。

近隣諸国との緊張

中国や韓国などの地域の国々では、依然として大きな懸念があります。日本では、人口の大多数が水を排出するという政府の決定を受け入れていますが、福島の漁師のほとんどは辞任しています。

先月、北京は福島を含む日本の10県からの食品の輸入を禁止し、国内の他の地域からの食品の放射線検査を実施した。8月22日火曜日、中国は日本が損傷した福島原子力発電所から汚染された水を海に「恣意的」に破片にしたと非難した。

「海は全人類の財産であり、日本が恣意的に汚染された水を排出できる場所ではない」と、中国外交のスポークスマン、ワン・ウェンビンは報道陣の前で非難した。

香港のジョン・リー最高経営責任者は、日本からの食料に対する制限を「直ちに」適用することを示した。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230822-le-rejet-des-eaux-de-fukushima-doit-commencer-jeudi-24-août-annonce-le-japon

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks