フランスは、海外領土で価格を膨らませる独占に取り組むことを誓う

フランス領ポリネシアを訪問した際、フランスの内務大臣は、企業が市場支配を悪用して価格を上げ、フランスの海外領土で悪名高い生活費に貢献しているかどうかのレビューを開始すると述べた。

ジェラルド・ダルマニン内務大臣は、海外領土大臣のフィリップ・ヴィジエと協力して、虐待行為を「評価」すると発表した。

「海外領土全般とフランス領ポリネシアには経済独占が多すぎる」とダルマニンは首都パペーテの地元テレビとのインタビューで語った。

彼は、半自治国への3日間の訪問の最終日である土曜日に講演し、その間に会長のMoetai Brothersonとこの問題について話し合った。

「私たちはブラザーソン大統領に、これらの独占に一緒に取り組むことを提案します。なぜなら、独占があり、価格が非常に高く、価格が非常に高いところでは、乗りこなすのに苦労しているのは日常のポリネシア人だからです」とダルマニンは言いました。

フランスのジェラルド・ダルマニン内務大臣は、2023年8月16日にフランス領ポリネシアのタヒチ島を訪問した。モエタイ・ブラザーソン大統領は彼の後ろに立っている。© Suliane FAVENNEC / AFP
フランスのジェラルド・ダルマニン内務大臣は、2023年8月16日にフランス領ポリネシアのタヒチ島を訪問した。モエタイ・ブラザーソン大統領は彼の後ろに立っている。© Suliane FAVENNEC / AFP

慢性的な問題

海外領土の価格は長い間フランス本土の価格を上回っており、歴代の政府はそれについて何かをする約束をしています。

先月、2015年から2022年の間に消費者物価差が拡大したと報告した国家統計局Inseeによると、この問題は過去10年間で悪化している。

平均的な家庭の買い物は現在、レユニオン島では本土よりも約9%高く、グアドループでは16%近く高い、とインシーは言う。

食品に関しては格差はさらに顕著で、価格はフランス領ギアナで39%高く、マルティニークで40%高く、グアドループで42%高くなっています。

電話とインターネットサービスも全面的に大幅に高価です。

同時に、海外領土はフランスのどこでも最も高い失業率と最も低い平均所得のいくつかを持っています。

議会の問い合わせ

独占を調査するという約束は、議会の調査がフランスの海外領土で暴走した価格に取り組むための抜本的な行動を求めた翌月に行われます。

「患者が心停止しているとき、もはや緩和策の時間ではない」と、マルティニークのMPで調査の報告者であるJohnny Hajjarは言った。

この提案には、現地生産を促進し、領土で販売されている食品の約60%を占める輸入への依存を減らすためのインセンティブが含まれていました。

議会委員会はまた、大手流通業者と毎年再交渉し、流通チェーン全体の寛大な利益率を削減するよう圧力をかけることを推奨しました。

そのようなグループにすべての結果を競争監視機関に自動的に報告するよう求め、合併により市場シェアの20%以上を占める単一のグループが消費者への影響を調査する調査を受けることを要求した。

公聴会の一環として、委員会は、レユニオンで市場の27%近く、マルティニークで25%、フランス領ギアナで20%弱を占めるフランスの海外領土で最大の食品小売業者の1つであるGroupe Bernard Hayotの責任者にインタビューしました。

マネージングディレクターのステファン・ハヨトは、独占したり、競争の欠如を利用して利益率を膨らませたりすることを否定し、財務諸表を公表しないというグループの方針を擁護しました。

https://www.rfi.fr/en/france/20230822-france-pledges-to-tackle-monopolies-inflating-prices-in-overseas-territories

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks