フランス全土で熱波が続く中、50の地域が厳戒態勢

今週、フランス全土の気温は国の南半分で非常に高いままで、50の部門が厳戒態勢下に置かれています。

メテオ・フランスの気象学者によると、夜間の気温オクシタニア、ローヌ渓谷、コートダジュール、コルシカ島は一般的に摂氏17度から22度を下回っておらず、一部の地域では22度から26度の間に残ります。

一方、国の北部では、ペイ・ド・ロワールからイル・ド・フランス、東のロレーヌまで28度から32度が期待できます。

南部では、日中の気温は33度から37度に急上昇し、オクシタニアからプロヴァンスまで37度から40度に達する。

予報官は、日陰で地元で最大41°Cに達する可能性があると言います。

しかし、ブルターニュ、ノルマンディー、イギリス海峡沿いの部門は比較的涼しい天候を楽しみ、気温は午前中に13度から16度の間で推移し、午後までに最大27°Cまで上昇します。

今年の夏にフランスを襲う最新の熱波は、週末まで続くと予想されており、一部の地域ではすでに記録的な気温を破っています。

ピレネー山脈の山火事は「制御下」

一方、8月14日から16日の間にアルジェレス・シュル・メールを席巻し、ピレネー・オリエンタル県南部のキャンプ場を破壊した激しい山火事は、日曜日に正式に消滅したと宣言されました。

Argelès-sur-merに加えて、火災は近隣のSaint-AndréとSoredeのコミューンに影響を与え、合計500ヘクタールをカバーしました。

月曜日の午後遅くにペルピニャンの南東約20キロメートルにあるサンアンドレで始まった火災と戦うために、約650人の消防士と空中資源が動員されました。

主に行楽客の約3,000人が予防措置として避難しましたが、ほとんどが数時間後にキャンプ場に戻ることができました。

https://www.rfi.fr/en/france/20230821-50-departments-on-high-alert-as-heatwave-continues-across-france

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks