2021年3月15日、大相撲の大関・白鵬が東京での巡業中に STR JIJI PRESS/AFP/Archives

日本:大相撲史上最高の王者、白鵬が引退

AF注)フランスが伝えた日本のニュースをお届けしています。

大相撲史上、最も多くの記録を残した力士、白鵬が36歳で引退します。モンゴル出身の彼は、20年間にわたって日本の国技を支配し、最多のトーナメントと試合に勝利しました。白鵬をはじめとするモンゴル系力士の活躍は、日本のファンから批判を受けることもあった。

東京(AFP)

闘技場で相手を前にした白鵬は、勝ち誇ったような仕草で勝利を祝い、時には負けたときには抗議するなど、プライドの高い男だと評判だったと、東京特派員のフレデリック・チャールズ氏は報じている。モンゴル出身の36歳の横綱は、相撲界で最も権威のある階級であり、これまでに45回の優勝を果たし、ほぼ独走状態でした。ただひとつ、最長連勝記録だけは逃さなかった。他のモンゴル人力士と同様に、日本の主な宗教である神道に関連する相撲の微妙な部分を理解していないと批判された。

怪我の影響で、近年は大会への参加が少なくなっていました。しかし、今年の7月の大会では一度も敗北を喫することなく優勝しました。しかし、白鵬は所属する部屋でコロナウイルスに感染したため、日曜日に終了した東京での秋季大会に出場できなくなったと、フランス通信社が報じました。日本相撲協会に近い組織である横綱審議委員会の矢野弘典委員長は、9月27日(月)の記者会見で、「白鵬が幕引きの書類を送ったことを日本相撲協会の会長から聞いた」と発表しました。地元メディアによると、彼は右膝の痛みが続いていたため、タオルを投げることを決めただろう。

1.92メートル、158キロ

大相撲の会場である国技館の近くでは、月曜日に住民たちが彼の素晴らしい経歴を称えた。「怪我のために多くの試合を欠場し、肉体的にも苦しんでいて、すでに30歳を超えている。Miyako Araiさん(46歳)は、AFPの取材に対し、「彼はとてもよく働いていました。”よくやった、素晴らしい仕事だ “と伝えたい気持ちになります。日本に来て、お相撲さんになって、横綱になって、それは小さいことではない」と76歳のTakashi Sakaiさん。「また、一部の日本人からは嫉妬の対象となっていた。彼は日本のレスラーよりも強かった」と付け加えた。

白鵬が初めて土俵に上がったのは2001年、モンゴルから来たばかりの15歳で、当時は自伝にあるように青白く痩せていたが、2007年には最高位の横綱に昇進した。その間に、彼は1.92メートル、158キロの巨体に成長した。

同郷の朝青龍との熾烈なライバル関係は、2000年代後半にファンを沸かせた。しかし、その後、白鵬が圧倒的な強さを見せ、ライバルがいないこと、日本人チャンピオンがいないこと、相撲界の一連の不祥事などにより、相撲への関心が大きく損なわれていった。

白鵬は3月の角力引退後、唯一の現役横綱で、7月には先月日本国籍を取得したモンゴル人の照ノ富士が横綱に加わりました。白鵬自身も2019年に日本国籍を取得したが、これは相撲界にとどまるための条件であり、数年前から発掘してきた若い才能の育成に専念できる自分の部屋(AF注:フランス語では「heya」と記載)を開設するためのものだ。

参考)フランス・テレビジョンの東京オリンピックのCM

シェアしよう!