わずかな改善にもかかわらず、パリの大気汚染はまだ高すぎる

大気質監視機関Airparifによると、パリの大気質は2022年にわずかに改善したが、フランスの首都の汚染レベルは世界保健機関が設定した推奨限度をはるかに上回っている。

火曜日に発表されたパリ大都市圏の大気質に関する年次報告書で、地域の大気汚染を追跡することを任務とする組織は、大気中の二酸化窒素(NO2)と微粒子のレベルが2022年に前年に比べてわずかに減少したと述べた。

車両の排出量の改善とディーゼル車の制限により、首都のイル・ド・フランス地域で数年間減少しているNO2への暴露は、昨年減少し続けました。比較的暖かい冬の気温によって部分的に助けられ、住宅暖房からの排出量が減少しました。

しかし、汚染暴露率がフランスとヨーロッパの基準を下回ったままであっても、WHOが推奨する水準よりも高い。

何千人もの早死

WHOによると、大気汚染は気候と人間の健康に対する脅威であり、微粒子物質(気道の奥深くまで移動できる空気中の微小粒子)が脳卒中、心臓病、肺がん、急性および慢性呼吸器疾患を引き起こします。

欧州連合は昨年、2030年までにWHOの勧告に近づくために、大気汚染制限汚染を下げるプロセスを開始しました。

Airparifと地域保健観測所によると、大気汚染を制限するための適切な措置が講じられれば、2022年にパリ地域で7,900人の早期死亡を避けることができた。

大気汚染のレベルが法的制限を超えたとき、汚染の数は急増し、2022年には11から10に減少し、過去10年で最低となった。

それにもかかわらず、NO2と微粒子の両方の粒子状物質への曝露は、住民の90%以上にとってWHOの勧告を超えました。

パリ地域ではオゾンレベルも上昇しています。他の汚染物質が日光の下で結合したときに形成され、空気中のその存在は地球温暖化を増加させ、その健康への影響は今や明るみに出ています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230413-paris-air-pollution-still-too-high-despite-slight-improvement

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks