2022-09-22 へびのなまごろし

“プーチン:戦争と恐怖 “とLibérationは記している。

「プーチンの狂ったエスカレーション」とL’Humanité誌は喝破した。

Le Figaro』や『Les Dernières Nouvelles d’Alsace』では、「一騎打ちだ」と絶賛しています。

Le Parisien、Le Courrier picard、Le Mondeによると、”The headlong rush “だそうです。

30万人の予備役の動員、核の恐喝…緊張が高まり、新聞は疑問符で一杯になる。

リベラシオン誌は特に、「予備役たちは、家族の生活環境を改善するためにわずかなルーブルと引き換えに、これまで大砲の餌にされてきた囚人や辺境の地の失業者のように、簡単に入隊させられるのだろうか」と疑問を呈している。ロシア軍は、制服、軽・重火器、弾薬、戦車、輸送車両など、すでに干からびているのに足りるのだろうか?Libérationによれば、これ以上の尋問を避けるために、ロシア大統領は自らが最も得意とする武器である恐怖を使うことにした。当初から、小麦やガスの不足、ザポリジャ原子力発電所へのミサイルの危険性など、あらゆる手段で我々を脅し、ヨーロッパと西側全体を後退させようとしてきたのである。今回は、ロシアが疑似レフェレンダで併合した領土が攻撃されれば、躊躇なく核兵器を使用することを示唆しているのである。この理性的な狂気を前にして、私たちは何をすべきなのだろうか?とLibérationは問いかける。確かに引き下がることはない、と新聞社は答える。欧米諸国は、この戦争が自分たちにとっても危険であることを認識しており、最初からウクライナを助けたからこそ、ロシアは今、苦境に立たされているのである。私たちは続けなければなりません。堅忍不抜の精神で。

良心の目覚め?

ル・フィガロ誌は、「我々は、真っ逆さまに突進していくことを覚悟しなければならない。プーチンが一肌脱がずにこの戦いに負けることはありえないことは明らかである。彼の政治的支持者、さらにはモスクワの参謀本部でも綱引きが行われているという。中国からインド、トルコに至るまで、世界における彼の最後の支援拠点が、その終了を促している。

メールマガジン購読

そして、ル・フィガロ誌も「渋々入隊した歩行者と北朝鮮から届けられた砲弾で地上戦を有利に進められるのか」と疑問を呈している。確実性の低いものはありません。しかし、次のステップは、ロシアと世界にとって、法外な代償を払うことになる。ロシアに残る公的機関がこのことに気付き、クレムリンの放射能に汚染された独裁者を「無力化」することが、やがて切に望まれている。

実際、「ロシアで始まった動員令は、プロパガンダに麻酔をかけられた国の良心を目覚めさせるかもしれない」とLa Charente Libreは付け加えている。もはや単なる頭脳流出の問題ではなく、ドンバスで死を覚悟して呼ばれる可能性のある人々の中に「ソーヴ・キ・プート」が存在するのである。

怒りの再覚醒?

Dernières Nouvelles d’Alsaceは、「約30万人の予備役の動員は、深く試練にさらされた国民にとって、さらに大きな集団的トラウマの種となる」と付け加えている。なぜなら、前線でのすでに膨大な数の死傷者は、徴兵制が実施されれば機械的に爆発し、ロシア国民がひるむことなくこの新しい血を受け止めるとは限らないからだ。 中略)ロシア人はすでにアフガニスタンでこれを経験済みである。10年間、彼らは若者が出て行くのを見送ったが、切断されたり、壊れたりして棺桶に入って戻ってくるのを見た。その時から、彼らの心には小さな灰と、多くの怒りがある。プーチンは、そのような事態を引き起こしかねない。

傷ついた虎…

いずれにせよ、「プーチンが自分には赤信号なのに、世界や自国に逆らうのは、必然的に弱さを認めることになる」とスド・ウエストは分析する。国連安全保障理事会のメンバーであるロシアは、隣国を侵略することでその憲章に違反することに満足してはいない。自国の重要な利益が脅かされていないのに、再び核の脅威を振りかざし、第二次世界大戦の惨禍の後に構築された集団安全保障システムの残りをさらに弱体化させようとしている。ウクライナでの戦争の継続は非常に非合理的になってきており、この新しい原爆の恐喝を非常に真剣に受け止めなければならないとSud-Ouestは警告している。プーチンは、これが「ハッタリ」ではないと警告している。信憑性はともかく、失敗の積み重ねでハンターからゲームになったクレムリンのトップが、前に向かって逃げることを選択したのである。傷ついた虎が世界を引きずり込むようなことがあってはならない。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220922-à-la-une-l-arme-de-la-peur

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks