2022-09-23 部分動員令によるクレムリンのポーカームーブを振り返る

部分動員令によるクレムリンのポーカームーブを振り返る

Le Figaro』はこの決定の結果を見出し、「圧力にさらされるプーチンの力」に驚いている。ロシア側で計画通りに進んでいないウクライナ戦争に「新たな転機をもたらすはずだった」この30万人の予備役動員令は、「むしろ予期せぬ効果をもたらした」とLe Figaro誌は見ている。実際、「ウクライナの支持者に援助をやめるよう印象づけることが目的だったのなら、失敗した」のである。「モスクワの入札は何も変わらないし、それに伴う核の脅迫も変わらない」のである。一方、Le Figaro誌は、この動員は「第二次世界大戦以来初めてであり、屈服させられたロシア社会ではうまくいっていない」と指摘している。若者たちは、プーチンと彼の帝政復古の空想のために死にたいとは思っていないことがわかった」という指摘は明快である。彼らは、昨年2月から15年の禁固刑に処せられる街頭での抗議活動によって、政権に反抗しているのだ。「プーチンを塹壕に送れ」というスローガンは、ロシアの約40の都市で聞かれ、「自分の足で投票できる者は、何千人も海外に逃げ出す」とLe Figaro誌は強調する。

ロシアの「sauve qui peut」。

Libérationも同様の見解を示しており、このロシアでの「sauve qui peut」についても見出しを付けています。具体的な例として、ロシアとグルジアの国境ポストでのレポートを紹介します。昨夜は誰も笑わなかった国境越え。ロシア側では、「数百台の車が数キロにわたって並び、誰も入れるかどうかわからない状態」であった。水曜日の夕方、モスクワから来たアナスタシアとディミトリのカップルは、クレムリンの発表後、最初の人々が道路に出るまで2時間待ちだったと語った。昨夜はすでに「少なくとも8〜9時間は国境を越えるのを待つ」状態だった。「今度の金曜日は、もっと長くなりそうだ」と、グルジアの税関職員は予想する。しかし、アナスタシアとディミトリが幸運にも休暇をとっていて渡れたのなら、Libérationは「募集所に出頭することを強いられた」何千人ものロシア人にも関心を寄せている。ロシア極東のサハリン半島の炭鉱で、「夜勤明けの早朝に迎えに来た」労働者たちのように。モスクワの銀行のシステム管理者であるビクター・ブグレフもその一人だ。彼は32歳で、予備役でもなく軍隊の経験もないのに、昨日、正確には当日の午後3時に入隊しなければならないことを知ったのである。そして、リベが「どうするんだ」と聞くと、ヴィクターは「羊のように笑って腕を広げて」、「行くよ、することがないんだ」と答えたという。刑事裁判になるか、どちらかです。

非同盟のやりきれない立場

いずれにせよ、クレムリンの立場は、その支持者たち、それも最も慎重な人たちの立場と同様に、ますます居心地が悪くなってきている。Le Mondeはこれをはっきりと見ている。その社説は、「非同盟の選択の時」だと考えている。そう、「プーチンに直面して、選択する必要がある」、なぜなら、この動員は、彼が「ウクライナで受けた挫折の措置を取ったことを認める」場合、それはルモンドのために「危険に満ちた猛進」を発表している。しかし、この「心配なエスカレート」には少なくとも一つの美徳がある。それは、サイレントに選択を迫ることだ。すでに「いくつかの目が開かれるようになった」のです。中国は不快感を示し、停戦を呼びかけている、とルモンド紙は指摘する。トルコの調停役も「声を上げ」、「ロシアが征服したウクライナ領で組織しようとしているポチョムキン住民投票を事前に非難」している。しかし、「こうした声が歓迎されるなら」、「他の人たちはまだ責任を回避している」と同紙は嘆く。ロシアの内圧、民衆の動揺については、Le Figaroは「プーチンの抑圧装置は他を見てきており、反乱の気配を鎮めることができると考えている」と述べています。プーチンを守勢に立たせるためには、息子の棺の前で兵士の母親たちが怒るのを待つしかないのだろう。

イタリアの極右も気になるフランスのマスコミは…。

リベに「権力の門をくぐった極右」。「イタリアは急進的な右派に誘惑されている」、Les Echosの見出しにもなっている… 今週末のイタリア立法府選挙を前に、他の記事同様、L’Humanitéは「Meloniはローマに進撃中」と観察し、ポストファシスト政党Frères d’Italie の会長が今週日曜日の選挙に勝利すると予想されている。彼女は離脱の誘惑に乗せられ、ラ・クロワを分析する。カトリックの新聞は社説を民主主義の思想に捧げている。”終点で、息切れして、時代遅れ”、よく聞きますね。しかし、最近の出来事は、ラクロワに考える材料を与えてくれる。そう、「例えばテヘランの舗道でスカーフを燃やすイランの若い女性たちは、何を目指しているのか?あるいは、動員発表以来、何千人ものロシア人が何と戦っているのか?クロスは、いや、我々の民主主義は権威主義的な政権に対して本当に羨ましいと思うことは何もないのだ、我々はそれを忘れてはならない。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220923-à-la-une-retour-sur-le-coup-de-poker-du-kremlin-avec-l-ordre-de-mobilisation-partielle

 

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks