2022-09-27 ウラジーミル・プーチンは危険なのか?

ウラジーミル・プーチンは危険なのか?

ウラジーミル・プーチンは危険なのか?Le Figaroがウェブサイトで答えようとしている質問です。30万人の予備役の部分的な動員により、ウラジーミル・プーチンは東部で征服するウクライナ軍を前にしてエスカレートすることを選択した」と同紙は指摘する。軍事的な圧力を受け、クレムリンのトップは、現地の状況を警戒するロシア民族主義者の批判を封じるとともに、「特別軍事作戦」が自分たちを巻き込まないと約束した国民の不満の解消に努めなければならない。

このようなプーチンの微妙な立場から、様々なシナリオを考えることになる。

事実上、ロシア大統領は、最近の動員や核の脅威の誇示によってエスカレートすることを選択した。中でもこのシナリオは、すでに検証されているという点で、最も信憑性が高いと言えるでしょう。

もう一つの仮説:プーチンの辞任… ” 他よりも深刻な選択肢、とLe Figaroは言う。第一に弾劾やクーデターのシナリオを着飾ることができるからだが、プーチンは生涯免責で平穏に政権を去ることができるからである。しかし、プーチンの後任は誰なのか、という大きな疑問が残ります。

第3のシナリオ:「クーデター、しかし誰が主導するのか?」

もう一つの可能性は、「攻撃、根本的な解決」です。(中略)多くの西側諸国の指導者が密かに夢見ているオプションであろう。しかし、Le Figaro誌は、プーチンの後継者は彼よりも優しいのだろうかと疑問に思っています。確実性の低いものはありません。

最後に、「弾劾」というシナリオだが、ここでは「ミッション・インポッシブル」だとLe Figaro誌は指摘する。ロシア憲法に規定がないという、単純明快な理由からだ…。

部分動員:「電気ショック」

確かなことは、プーチンが決めた部分的な動員を前にして、「緊張が高まっている」ことだとリベラシオンは指摘する。この動員は「ロシア社会の不活性な体に電気ショックを与える効果があった」と新聞は指摘し、「特別作戦」が続いた6ヶ月間は何も動くことができなかったようだ、と述べている。何万人もの男たちが、華々しくというより弓のように、翌日には戦線に向かうバスに乗ることを決意すれば、ロシア領内のあちこちでデモや抗議運動がうずまくようになった。NGO OVD-Infoによると、9月21日以降、2,300人以上が逮捕されています。

メールマガジン購読

ル・パリジャン誌は「戦争から逃れたロシア人たち」と見出しをつけた。”9月21日に軍の一部動員が発表されて以来、数千人のロシア人(主に若い男性)がグルジアに(特に)逃れている。政治的な “sauve-qui-peut “ではなく、個人的な “sauve-qui-peut “と新聞は指摘しているのです。これらの強制移住者の多くにとって、クレムリン政権に反対することは不可能と考えられている。

その中で、「戦争をやめてほしい、プーチンが核兵器を使わないように祈っている」というコメントもありました。でも、勝とうが負けようがどうでもいいんです。

イタリアで権力を握った民族主義右派

また、一面には、将来のイタリア評議会議長であるジョルジア・メローニ氏が登場する。”ルモンド “によれば、フランス立法府の選挙でスウェーデン民主党とRNが成功した後、ヨーロッパへの脅威となる。その姿を矮小化しようとする民族主義政党は、それにもかかわらず、そのアイデンティティと理念において、欧州連合を設立した価値観に反対しているのです。

EUにとって、課題は計り知れない」と付け加えたLa Croixは、「連帯を始めとする欧州の盟約を支える価値をあきらめずに、文化的な懸念や機密解除の感覚にどう対応すればよいのか」と問いかける。これらのテーマは、もはや他の政治体制から無視されることはない。さらに高くなるであろう次のナショナリズムの波が、コミュニティの建物を一掃してしまう危険性があるためだ。

敵が必要だ…

なぜ、こんなことになったのか?誰もが他人の責任やジョルジア・メローニという人物の定義について口論しているが、現実には彼女はネオ・ファシストでもポスト・ファシストでも超保守主義者でもない」とラ・シャラント・リーブルは指摘し、「彼女は歴史の繰り返しであり、その苦しみを現代に適応させている。当時も今も、敵は必要なのです。国境の内も外も。昨日はユダヤとボルシェビズムでしたね。今日は、移民、EU、LGBTのイデオロギーです。(…) ジョルジア・メローニのモットーである「神、家族、国」は、再び陳腐なスローガンと化してしまった。権力者の女性が「ムッソリーニは良い政治家だった」と言うのを見るのと同じくらい平凡なものだ。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220927-à-la-une-vladimir-poutine-est-il-en-danger

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks