広島記念:日本はロシアの核の脅威を非難する

毎年8月6日のように、日本は広島災害を記念した。この機会に、岸田文雄首相は、核兵器を使用するというロシアの脅しを非難した。

米国が広島市に核爆弾を投下し、14万人が死亡してから78年が経ち、3日後に長崎爆撃が74,000人が死亡した。

今週の日曜日、8月6日、広島でベルが鳴り、犠牲者、死亡、負傷、または照射された犠牲者を偲んで熟考の瞬間が始まりました。群衆の中に、111カ国からの生存者、親戚、親戚、要人がいました。

ロシアの脅威

そして、ロシアの核兵器使用の脅迫により、ウクライナでの戦争は定期的に演説に戻ります。「核軍縮とロシアの核の脅威に関する国際社会の分裂が高まっているため、その道はますます困難になっています。しかし、この状況からこそ、非核化された世界の実現に国際的な推進力を取り戻すことが重要である」と、広島出身の日本の岸田文雄首相は述べた。

特に、広島知事の湯崎秀彦によると、ウクライナで戦争が続くのは核抑止の教義のためです。「私は核抑止のために弁護士に尋ねたいと思います:「あなたは、現時点では、無実のウクライナの民間人の死を想定するつもりですか?」ウクライナは核兵器を放棄したために侵略されていない。ロシアは核兵器を持っており、それがウクライナが侵略を止めることができない理由だ」と湯崎秀彦は言った。

2年連続で、広島はロシアもベラルーシも式典に招待しなかった。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230806-commémorations-d-hiroshima-le-japon-dénonce-la-menace-nucléaire-russe

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks