日本:議会は原子炉を60年以上延長する法律を可決する

日本では、議会は5月31日水曜日に、今日の40年と比較して、原子力発電所の稼働寿命を60年以上に延長する物議を醸す法案を決定的に承認しました。国を分割したこのプロジェクトは、新世代原子炉の開発のために、研究に多額の予算を割り当てています。

これは、ウクライナでの戦争の勃発によって引き起こされたエネルギーショックから数ヶ月後、国内の原子力を復活させるために、昨年の夏に岸田文雄首相が発表した措置の1つでした。日本原子力安全局(NRA)は2月に合意した。この法律は、国の電力供給の安全性を向上させ、気候目標の達成を支援するために、5月31日水曜日に最終的に可決されました。

この措置により、2011年の福島災害後に日本で導入された新しい原子力安全規則の遵守、または裁判所による暫定的な差し止め命令に関連するため、原子炉のシャットダウンの全耐用年数から除外することが可能になります。 新しい法律はまた、30年間のサービス後、少なくとも30年ごとにNRAによる原子炉の管理を意味します。

非常に激しい水中地震に関連した国の北東海岸の巨大な津波によって引き起こされた原子力災害の後、日本の原子力発電所全体が逮捕されました。国内で理論的に運用可能な33基の原子炉のうち、大幅に引き上げられた安全基準を遵守した後、それ以来10基しか稼働していません。

再生可能エネルギーを優先する

日本では、福島発電所を荒廃させたこの事故から12年後、原子力の復活は自明ではない。回答者の大多数(51〜53%)が原子力の回収を承認しています。しかし、より多くの日本人(60〜70%)は、例えば風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーが優先されるべきであると感じています。日本が他の主要な先進工業国にはるかに遅れている多くの分野が、私たちの特派員がその場でブルーノ・デュバルに報告しています。

「非常に多くの地震に苦しむ国で発電所を増幅し、福島で経験したことの後、それが非常に安心できるかどうかはわかりません」と、この日本人女性はRFIのマイクに言います。「そのような問題について、法律は秘密裏に可決されましたが、それは大丈夫ではありません。国民投票が必要だ」と、法案に反対するデモからそう遠くない、この他の通行人は言う。「原子力はクリーンエネルギーです。地球にとって悲惨な石炭火力発電所とは異なります。したがって、原子炉を再起動することで、地球温暖化とよりよく戦うことができます」とこの東京は言います。

現在、日本では9基の原子炉が稼働しており、すべて群島の西または南西に位置しています。

(AFP)

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks