日本が第7波の新型コロナに直面し、健康状態が悪化

日本では、健康状態が危機的な状況になりつつあります。世界保健機関(WHO)によると、現在、新型コロナの患者数が1日平均22万人と、これほど多い国は他にない。

東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

これは列島でも前例がないことです。これまでは、なんとか最悪の事態を回避することができた。現在までにコロナウイルスで死亡した日本人は約3万2千人で、人口1億2500万人としては決して多くはない。

しかし今、特に激しい第7の波が襲っており、それはまだ始まったばかりだと疫学者は警告している。

最近感染した日本人は、ほとんどが30代以下である。これは、若者の3人に2人が追加接種を望まず、12歳以下の子どもの親の8割が接種を拒否していることから説明できる。

このワクチン不信は、健康状態に直接影響を及ぼします。”土下座 “です。多くの子供たちや赤ちゃんが高熱を出し、中には痙攣を起こす子もいました。- こんなの見たことない」と小児科医は言う。

飽和状態の医療サービス

「熱が38度もある赤ん坊を診てくれる医者を見つけるのに、40回も電話をかけなければならなかった。医療制度がもたもたしているようで・・・」と若い母親が言った。

メールマガジン購読

地域によっては、大きな事故に遭ったり、体調が急に悪くなったりしたときに、残念ながらすぐに治療が受けられなくなることがある」と救急隊長も認めている。

日本人は、不安と煩わしさの間で揺れ動いている。「来週予定していた海辺の休暇は、おそらくキャンセルすることになるだろう。その方が安全な気がする……」と、ある男性が言う。「もうそろそろ非常事態を宣言してもいい頃だ」と、ある女性は言う。

しかし、政府は拒否する。日本経済は他の主要先進国に比べて再出発が遅れており、その目にはそれが第一に映っています。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220729-covid-19-au-japon-confronté-à-une-7e-vague-la-situation-sanitaire-se-dégrade

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks