日本:裁判所、北朝鮮脱出住民の平壌に対する訴えを却下

2018年、北朝鮮の脱北者たちは、1959年から1984年にかけて9万人以上が参加した日本からの旧送還計画について、北朝鮮政権の責任を問う訴訟を東京で起こしました。

東京の裁判所は、プログラムの参加者が北朝鮮に「拘束」されていること、あるいは原告の家族がまだ北朝鮮におり、政権によって面会が「妨げられている」ことについて判決を下す管轄権がないとして、この訴えを却下した。

地上の楽園

2018年に開始されたこの象徴的な行動は、1959年から1984年にかけて、日本列島に住む9万人の北朝鮮人とその日本人配偶者が、「地上の楽園」を約束するプロパガンダに惹かれて北朝鮮に入国したプログラムを糾弾するものです。

原告は送還プログラムの参加者で現在日本に住んでいる5人で、それぞれ1億円(76万2千ユーロ)の損害賠償を請求しています。金正恩政権は「虚偽の宣伝で原告を騙して北朝鮮に移住させた」「人権の享受が不可能な状況で生活させた」と非難しています。

在日韓国人の削減

日本政府はこの計画を支持していたが、批判者たちは東京が在日韓国人の数を減らすための手段であると非難した。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220323-japon-la-justice-rejette-une-plainte-de-transfuges-nord-coréens-contre-pyongyang

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks