日本:銃撃で陸軍射撃場で2人が死亡

「新兵の訓練の一環として実弾演習中に、自衛隊の候補者が3人を撃った」と、後に2人の兵士の死を確認した日本の陸上自衛隊(JSDF)の声明は述べた。

殺人容疑者は、4月に陸軍に入隊した18歳の新兵だったと、陸上自衛隊の司令官である森下康典は記者会見で述べた。このドラマは「武器の取り扱いを担当する組織にとって絶対に許されない、そして私はそれを非常に真剣に受け止めている」とこの将軍は言った。3人の犠牲者は、その場で他の兵士に支配され逮捕された加害者を含む、銃撃に新兵を紹介した責任があった、と彼は付け加えた。地元警察のスポークスマンによると、容疑者は「殺す意図」で「ライフルで撃った」という。

日本の公共テレビチャンネルNHKによると、犠牲者は50代の男性と他の20代の2人の男性です。情報、それ以上の詳細はなく、まだ正式に確認されていません。この悲劇が起こった射撃場は、日本の自衛隊、国の軍隊によって管理されている65,000平方メートル以上に及ぶ屋根付き施設です。

日本での一連の攻撃

銃法が非常に制限されている日本では、暴力犯罪はまれです。森下将軍は、彼の知る限り、陸上自衛隊のメンバーによって引き起こされた以前の銃暴力行為は1984年にさかのぼると述べた。

それにもかかわらず、昨年7月の選挙運動演説中に自家製の銃器で殺された安倍晋三元首相の殺害に始まり、いくつかの攻撃が最近群島を揺るがした。彼の殺人容疑者である大上哲也(42歳)は、母親が非常に重要な寄付をしたとされる統一教会との関係のために、元政府首脳に対する彼のジェスチャーを説明し、彼らの家族を破滅に導いた。

昨年4月、現在の岸田文雄首相は、選挙イベント中にも職人の爆発装置に狙われた。彼は無傷で出てきて、他の2人が軽傷を負っていた。

日本の法執行機関は、政治家に対するこれらの大きな攻撃以来、歯を食いしばっている。2023年5月に広島で開催されたG7首脳会談には、何千人もの警察官が派遣された。同月、狂人も長野でナイフとショットガンの攻撃で2人の警察官を含む4人を殺害した。

戦後から平和主義憲法を持つ国でまだその場所を見つけるのに苦労している日本軍が、慢性的で増殖する募集困難に直面している岐阜県の悲劇が起こります。彼のイメージはまた、彼の階級での性的暴行の暴露によって1年間損なわれています。同時に、アジア太平洋地域の地政学的緊張の高まりに直面して、日本政府は防衛予算を約2倍にして、2027年までに国のGDPの約2%にしたいと考えています。

(AFP)

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230614-japon-une-fusillade-fait-deux-morts-dans-un-centre-de-tir-de-l-armée

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks