フランスの会社タレスは、オーストラリアとニュージーランドのサイバーセキュリティ市場を拡大するために設定しました

タレスはオーストラリアのサイバーセキュリティ会社Tesserentを買収する契約に署名した、とフランスの防衛請負業者は火曜日に発表した。この取引は2023年後半に完了する予定です。

「この買収により、タレスはサイバーセキュリティ開発ロードマップを加速し、オーストラリアとニュージーランドでの足跡を拡大することができるだろう」とタレスは声明で述べた。

500人の従業員と昨年の売上高が1億8,500万オーストラリアドル(1億2500万米ドル)で、テッセレントはオーストラリアとニュージーランド最大のサイバーセキュリティ企業の1つであるという。

「オーストラリア政府や防衛部門を含む、わが国の増大するサイバーニーズに一緒に対処する」とテッセレントのCEO、カート・ハンセンは声明で述べた。

フランスのグループによると、独自の名前で運営され続けるテッセレントは、「タレスオーストラリアとニュージーランドの主要なサイバーセキュリティサービスになるだろう」という。

2022年に15億ユーロ(16億米ドル)のサイバーセキュリティ販売を生み出したタレスにとって、この買収は、すでに国の主要な防衛メーカーの1つであるオーストラリアでのプレゼンスを強化するだろう。

この動きは、昨年スペインのS21sec、ルクセンブルクのExcellium、オランダの会社OneWelcomeを買収した後、サイバーセキュリティ部門におけるタレスの拡大をさらに進めた。

テッサーレントの取締役会が推奨する提案された買収は、株主、オーストラリア連邦裁判所、および通常の規制当局の承認が必要です。

(AFP)

https://www.rfi.fr/en/business/20230613-french-company-thales-set-to-increase-cybersecurity-market-in-australia-and-nz

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks