日本:政府は原子力の復活を加速させたいと考えています

日本は、2011年の福島事故以来閉鎖された原子炉の始動を加速し、次世代原子炉の開発を振り返ります。これは8月24日に岸田文雄首相によって発表された。ウクライナでの戦争以来の石油・ガス価格の高騰により、日本はエネルギー政策に大きな転換を余儀なくされた。

東京特派員フレデリック・シャルルと

世論によって原子炉の復活をよりよく受け入れるために、日本はそれらを脱炭素化目標の達成を可能にすることを目的とした「生態学的変革」計画に統合しています。政府は、2030年までに温室効果ガス排出量を2013年と比較して46%削減したいと考えています。

11年前の福島事故以来、長い間原子力に反対していたが、日本人の大多数がそれに賛成している。夏の息苦しい暑さの中での電力不足への警告は、エネルギー消費を削減するための当局からの呼び出しは、原子力発電所の再開が必要になったことを彼らに納得させました。

電力価格が急騰

特に、ウクライナでの戦争以来、電力価格は急激に上昇しています。石油とガスの輸入は日本経済にとって禁止されている。岸田文雄首相は、40年から60年までの寿命を延ばし、原子炉のより大規模な復活を促す。8月には7人しか稼働し、他の3人はメンテナンスのために停止しています。

原子力安全当局は17の原子炉の再起動を検証した。日本の電気技師は、世界で最も劇的なものとなっている新しい核安全基準を満たすために大金を費やしてきました。日本はまた、新世代の原子炉を開発したいと考えています。三菱重工グループは、新しい高速中性子原子炉またはブリーダー原子炉を発表したアメリカの新興企業Terra Powerと協力しています。使用済みの燃料からプルトニウムをリサイクルできます。マイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツがこのプロジェクトを支援しています。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220824-japon-le-gouvernement-veut-accélérer-la-relance-du-nucléaire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks