日本:警察庁長官が安倍晋三暗殺事件を受けて辞任を表明

日本では、7月8日に奈良市で選挙演説中の安倍晋三元首相を射殺した中村格国家警察本部長が「失態」を認め、辞任した。国家警察本部長は、これらの失敗の責任を取り、警備隊が「再出発」できるようにするために退任する。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと。

中村格国家警察長官は、安倍晋三の暗殺を防ぐことができたと認めている。

犯人は、手製の銃が入ったバッグを持って、身体検査を受けることなく元首相に近づくことができたのだ。安倍晋三が立っていた演壇は、きちんとした警備がされていなかった。ボディガードは最初の爆発が銃声であることに気づかなかった。最初のミスから2回目のミスまでの2.5秒の間に、彼を射線から引き離せば助かったかもしれない。

警察を擁護するならば、日本は銃器が厳しく禁止されている安全な国であると言わざるを得ない。国家警察は今後、VIPの保護にさらに力を入れることになる。これまでは地元の警察が一手に引き受けていたのです。

9月末に安倍晋三の国民葬が東京で行われるのに、なぜ今、警察庁長官が辞任するのか不思議でならない。米国のカマラ・ハリス副大統領をはじめ、世界のリーダーたちが出席する予定です。

中村伊知哉は、政府に強制されているのでしょうか?岸田文雄首相は、国家の中枢にある月派の息苦しさが報道され始めてから、世論調査で低空飛行を続けている。安倍晋三が暗殺されたのは、この宗派とのつながりがあったからだと言われています。日本国民の大多数は、元首相の国民葬に反対している。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220825-japon-le-chef-de-la-police-annonce-sa-démission-après-l-assassinat-de-shinzo-abe

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks