パリで日本文化フェア開催「フランスで売られているコミックの2冊に1冊は漫画です

フランスで最も来場者の多い展示会の一つであるJapan Expoが、新型コロナの流行により2回の開催が中止された後、7月14日にパリ・ノール・ヴィルパント展示場で開幕しました。マンガ、ゲーム、コスプレ、日本食など、日本のポップカルチャーを愛する人々が一堂に会する巨大イベントです。

2000年の第1回フェアの共同企画者であるThomas Sirdey氏へのインタビュー。

Kindleインディーズマンガ2022年上半期ランキング

[ja] パリで日本文化フェア開催 「フランスで売られているコミックの2冊に1冊は漫画です」.mp4 – powered by Happy Scribe

パリ日本時間です。

昨日から日曜日まで、日本文化フェアが開催されました

フランスの首都で開催された

メールマガジン購読

「ジャパンエキスポ」に出展しました。

14万平方メートルの展示スペース、

25万人以上の来場者を見込む。

単純な話、ジャパンエキスポは来場者数第3位の展示会です

農業、自動車産業に次いで、フランスで最も重要な産業です。

では、この熱狂をどう説明するのか。

これが、私たちの問いかけです。

トーマスに聞くべきですね。

こんにちは、共同主催者ですね。

Japan Expoの第1回目から活躍されていますね。

2000年、フランスにおける東南アジアの

文化振興の場でのことです。

日本、東京はパリから1万キロも離れているんですね。

しかし、ここフランスでは、日本の文化は

私たちの習慣の一部になっています。

なぜ、どのように?トーマス

フランスと日本は長い間愛し合ってきました。

日本が200年前に切り開いたものです。

大雑把に言うと、アートを通して出会ったということです。

そうですね、フランスに来た浮世絵が、

産んでくれました

20世紀初頭の印象派のムーブメントであるジャポニズムを取り入れた。

19世紀後半か20世紀初頭です。

そして、いつの時代にもあるのが

フランスと日本の間には、文化的な還流、

つまり愛の還流があるのです。

そして、驚異的な最新作は、もちろん漫画です。

それはそれとして、

現代はマンガが生活の中に遍在していますからね。

現在、フランスで販売されているビデオの

2本に1本がマンガというほどだ。

そしてその背後には

フランスは日本に次いで世界第2位のマンガ市場です。

この現象をどう分析すればいいのか。

このラブストーリーは、

私たちに、このような機会を得ることができたのです。

1980年代から1990年代にかけてフランスで急成長しました。

そうそう、ドラゴンボール、

ドロテのアニメシリーズ。

特にジャック・コーディ、ゴルドラックなど

大きな影響力を持っていました。

社会学でゴルドラック世代と呼ばれる人がいた。

ということで、学校の子どもたちが

前の晩にテレビで見たのと同じことをみんなで話すことが

できるようになったのは、このときが初めてだった。

そして、その世代が本へと移行していったのです。

そして、面白かったのは、同じくらい

漫画は親が読んでもあまり意味がなかったかもしれません。

彼女の両親は、少なくとも本を持っていると

簡単に言うことができたし

さらに最近では

任天堂、ポケモン、スーパーマリオ、食事も考えています。

フランスには日本食レストランがたくさんあります。

文化というのは、本当に毎日毎日、

私たちの日常生活の中に入り込んでいます。

ようやく日本でも、その通りになりました。

次のステップに進むのです。

それは、一度、過去に

米国とマンガの関係から、

日本という国が非常に複雑でありながら

私たちに非常に近い国であることを発見できることです。

価値観が似ている

愛や幸福な人生など、完璧なまでに。

今お話に出たフランスは、

フランスの食文化がユネスコ遺産に認定されていますが

同じく認定されているのは日本だけなんですね。

だから、私たちは多くの共通点を持っていて、

それがこの熱狂を少しは説明しているのです。

その国に対して抱く一般的な感情、

その国に行ってみたいという願望。

バカンスに行きたいと思うフランス人は増えている。

休日はもちろん、日頃の消費欲も満たします。

レストランの話かと言いたくなりますね。

フランスには何千もの日本食レストランがある。

今日、寿司と聞けば

みんな知ってるんですよね。

20年前に遡ると、もっと暑かったと思うんです。

ソフトパワーに近いものがあるのでしょうか。

このようなフランスにおける日本文化の活力は

果たしてどのようなものなのでしょうか

卓越したプラットフォームである

日本という国が、

このような文化的な影響力を持つようになったのは

このソフトパワーは、私たちがよく知っている力です。

フランス文化をふんだんに取り入れ、

世界中に影響を及ぼしています。

そして、日本も同じようなパターンを辿っています。

漫画やアニメで面白いのは

このような交流の場がないためです。

私たちは、漫画やアニメに触れる機会があれば

どのような形であれ、それを愛するようになりました。

本当に自然発生的なものだったんです。

イベントに戻ろう。

ジャパンエキスポのことです。

あなたは、このイベントの共同制作者の一人なのです。

前2回が

キャンセルされたのは、明らかにコロナのパンデミックのせい。

経済的に大きな意味を持つ新しい経済的な問題でしょうか

いやあ、確かにジャパンエキスポのない2年間は長かったですね。

私たちを苦しめました。

というのも、2年間収入がなかったからです。

しかし、おかげさまで方針は固まりました。

支援を受けながら、自分たちの手で

短時間勤務の従業員には、一時金で対応しました。

今は確かに返済の時期ですが

ちょうど国家保証の後です。

国の保証による融資を通じて、まず思い知らされますね。

もちろんです。

今、復興への熱気を目の当たりにすると、

確かにそうだと思います。

私たちが一番心配なのは、

「見えないところ」を提案すること多いからです。

遥かなる心、期待通りにはいかない。

最後に、このような方々を

そこでプレーオフをやって、祝杯をあげることで、

今後につながるわけです。

結局は日本と同じようなものなんですけどね。

見えないところ、気にならないところ。

トーマス・ゼロさん、ありがとうございました。

あなたは、現在開催中のイベント「ジャパンエキスポ」の共同制作者です。

パリ北部のヴィルパントで日曜日まで。

13:39 ここ、パリで。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks