中国の同盟国は、福島の水の放出に対する太平洋の批判をリードする

スバ(フィジー)(AFP) – 中国の太平洋同盟国 – ソロモン諸島政府からフィジーの野党まで – 金曜日、日本が被災した福島原子力発電所から廃水を放出するという北京の批判に同調した。

国際原子力機関によって承認された計画で、500以上のオリンピックスイミングプールの廃水が数十年にわたって太平洋に放出されます。

しかし、中国は猛烈な反応を出し、太平洋の同盟国は、日本とIAEAからの安全保証にもかかわらず、その批判を支持している。

北京の小切手外交を受け入れながら、選挙を遅らせ、西側諸国を叱ったソロモンズのマナセ・ソガヴァレ首相は、「日本の決定に反対する強い声明」を発表した。

水の放出は「私たちの人々、海、経済、生計に影響を与える」と彼は言った。

金曜日にフィジーの首都スバで同様のメッセージがあり、まれな抗議が数百人を集めた。

デモ隊は「核のない海!」と書かれたプラカードを運んだ。そして「Pacific Lives Matter」。

抗議は、その党首であるフランク・バイニマラマ首相を追放し、在職中に中国とのより緊密な関係を求めていた野党であるフィジーファーストによって推進された。

党はフィジー政権を「日本が核廃棄物を海に投棄することを許可することで、将来の世代を失敗させた」と非難した。

他の指導者たちは、安全評価に納得しているように見えた。

「日本は水が処理されたことを地域に安心させた」と、現在地域ブロックである太平洋諸島フォーラムの議長を務めているクック諸島のマーク・ブラウン首相は述べた。

排出は国際的な安全基準を満たしていると思います。

Tritium © Gal ROMA, Laurence SAUBADU / AFP
Tritium © Gal ROMA, Laurence SAUBADU / AFP

北京のオープニング

中国は、放出計画を繰り返し強く批判し、日本の魚介類の輸入を禁止し、この作戦が環境に害を及ぼさないと結論付けた専門家の評価に疑問を投げかけている。

オーストラリアのカーティン大学の物理学教授であるナイジェル・マークスは、放出された水にはごくわずかな量の放射性トリチウムが含まれていると述べた。

「太平洋には8,400グラムの純粋なトリチウムが含まれているが、日本は毎年0.06グラムのトリチウムを放出する」と彼は言った。

ごくわずかな余分な放射線は、ほんの少しの違いを生むことはありません。

現在シドニーのロービー研究所に所属している元オーストラリア外交官のミハイ・ソラ氏によると、科学に関係なく、福島のリリースは北京に政治的な開口部を作り出した。

日本は「できるだけ多くの太平洋の指導者に勝つために多くの外交をしてきた」と彼は言ったが、「ほぼ普遍的に、これは太平洋のコミュニティの間で不人気な決定になるだろう」。

「北京が外交的アクセスを利用して、一部のパートナーがこれについて強く発言することを奨励することを想像できます。なぜなら、それは北京の利益に役立つからです。」

重要な魚の供給と敏感な海洋生態系の損傷に対する懸念だけでなく、福島の水の放出は、核問題が非常に敏感な地域で不安を引き起こしました。

何十年もの間、米国、英国、フランスを含む主要国は、原子兵器をテストするために人口の少ない南太平洋を使用し、その結果は今日まで残っています。

https://www.rfi.fr/en/health-and-lifestyle/20230825-china-s-allies-lead-pacific-criticism-of-fukushima-water-release

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks