オミクロン・バリアント:日本が外国人観光客に国境を閉じる

日本は新型オミクロン・バリアントが世界中に広がることを懸念し、イスラエルに倣って火曜日から外国人旅行者のために国境を閉鎖することを発表しました。また、特定の国から帰国した日本人は、帰国時に検疫を受けなければなりません。

東京のフレデリック・チャールズ特派員と

日本は、ビジネスマン、留学生、研修生には国境を開放していたが、観光客には開放しないまま、3週間後に国境を閉鎖する。

日本に住んでいる外国人は、この措置の影響を受けません。しかし、アフリカの6カ国から帰国した日本人や、イギリス、オーストラリア、オーストリアなどオミクロンの新種の感染が確認された国から帰国した日本人は、厳しい隔離措置を受けることになります。現在のように自宅ではなく、政府が指定したホテルでリスクに応じて最大14日間の滞在が可能。

日本は、オミクロン・バリアントの危険性をもっと知るのを待たずに、自らを閉ざしている。現在のところ、日本ではパンデミックの影響は比較的少なく、新種のウイルスはまだ検出されていません。コロナウイルスに感染してナミビアから到着した人は、現在、オミクロン・バリアントのキャリアであるかどうかを検査しています。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211129-variant-omicron-le-japon-ferme-ses-frontières-aux-visiteurs-étrangers