主要ブランドは依然として中国のウイグル人の強制労働の恩恵を受けている、と報告書は明らかにした

中国におけるウイグル人の強制労働は、有名な衣料品ブランドの共謀により続いている。これは、フランスのMEPラファエル・グルックスマンの要請で作成され、英国のシェフィールド大学とウイグル系イスラム教徒の権利を擁護するNGOが共同で発行した報告書によって非難され、欧州委員会委員長のウルスラ・フォン・デア・ライエンは12月7日木曜日に北京でEU-中国サミットを開催する予定です。

英国の研究者によると、39のヨーロッパの衣料品ブランドは、彼らが調達する中国のサプライヤーを通じて、ウイグル人の強制労働の影響を受けている。

少なくとも4つの中国の繊維メーカーが、この種の作業を使用していると英国の研究者によって特定されています。その後、大手ブランドに製品を販売します。これらには、ザラ、ネクスト、プラダが含まれます。これらの製品は制限なく欧州連合に加盟する、と報告書の著者は言う。

10年以上にわたり、北京はテロとの戦いの名の下に、中国北西部のウイグル地域に厳格な措置を課してきた。強制労働やキャンプでのリハビリテーションを含むこれらの措置は、近年強化されています。

織物に加えて、強制労働の使用は、建築材料やソーラーパネルの製造など、多くの分野に影響を与えます。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20231206-de-grandes-marques-profitent-toujours-du-travail-forcé-des-ouïghours-en-chine-révèle-un-rapport

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks