「テーブルにいないことにはコストがかかった」:米国はユネスコへの再加入を求めている

米国は、前政権が資金要件とイスラエルに対する偏見の申し立てをめぐって会員を撤回してから5年後、国連の文化機関であるユネスコに再加入する予定です。

オードリー・アズレイ事務局長は、ジョー・バイデン大統領のホワイトハウスから連絡を受けた後、米国は7月から国連教育科学文化機関に再加入したいと発表した。

彼女は、文化、教育、科学に関する国際協力を促進するというユネスコの任務において、それを「強い自信の行為」と呼んだ。

米国は2018年末から組織のメンバーではなく、2011年以来予算に貢献していない。

その国は、他のメンバーがパレスチナを認めることに投票した後、当時のバラク・オバマ大統領の下でユネスコへの資金提供を停止した。長年の米国の法律は、パレスチナ国家を正式メンバーとして受け入れる国連機関に対する政府の資金調達を禁止しています。

ドナルド・トランプ前大統領の下で、米国は「継続的な反イスラエル偏見」と呼ばれるものと、数百万ドルの未払いをめぐってユネスコから完全に撤退した。

借金5億5000万ユーロ以上

現在の米国政権は、2023年7月から再開する会費だけでなく、「かなりの滞納」をカバーする資金調達計画を提案した、とAzoulayはRFIに語った。

「誰にとっても素晴らしいニュースだ」と彼女はRFIのニコラス・ファレスに語った。財政的義務を負った正会員としての米国の復帰。

2017年10月13日、フランスのパリで開催された国連教育科学文化機関(ユネスコ)のディレクター、オードリー・アズレイ。© ロイター/Philippe Wojazer
2017年10月13日、フランスのパリで開催された国連教育科学文化機関(ユネスコ)のディレクター、オードリー・アズレイ。© ロイター/Philippe Wojazer

2011年以前は、米国はユネスコの総予算の5分の1以上を拠出していた。過去12年間に不足している全額を支払うことを申し出たかどうかはまだ明らかではなく、5億5000万ユーロを超えると推定されています。

その資金調達提案は、ユネスコの193人のメンバーによる承認が必要です。中国代表は、「国際機関のメンバーであることは深刻な問題である」と述べ、滞納を完全に要求するよう機関に求めた。

「また、米国が国際的な責任を負い、義務を果たし、国際ルールを遵守し、国際法の支配を尊重する誠意を保証することを願っています」と、ユネスコの中国大使ジン・ヤンは述べ、国の撤退が機関の仕事に悪影響を及ぼしたと宣言した。

ソフトパワー

米国にとっても、「テーブルにいないことにはコストがかかる」とユネスコのAzoulayはRFIに語った。

彼女は、再加入の正式な要請で、米国は人工知能の倫理などの「戦略的および新たな問題」に関する国際基準を設定する上でのユネスコの役割を引用したと述べた。

アメリカ当局は、ユネスコから離れると、ユネスコの最大の資金提供者である中国がAI、技術教育、その他の重要な分野に主導権を握ることを可能にし、競合他社に優位性を与えると警告している。

「私たちがその会話を形作るテーブルにいないとき、実際にそれらの規範や基準を形作るのを助けているとき、まあ、他の誰かがそうです。そして、他の誰かがおそらく中国である」と、アントニー・ブリンケンズ米国務長官は昨年言った。

より広義には、パリのソルボンヌ・ヌーヴェル大学の米国の外交政策と国際関係の専門家であるアニック・シゼルによると、ユネスコはソフトパワーを行使する貴重な機会を提供しています。

再加入により、米国は、特に中国とロシアでの偽情報と権威主義の台頭の中で、科学、教育、個人の自由を提唱できるだろう、と彼女はRFIに語った。「ユネスコは、ある意味で民主主義のプラットフォームである」と述べた。

来年の大統領選挙に向かうバイデンにとって、彼の政権をトランプや他の右派の人たちと区別する機会でもある。彼らは、米国自体の学校や大学で教えられることを制限することを推し進めた。

中東の質問

米国の直後にユネスコから撤退したイスラエルは、同盟国が再加入することに異議はない、とブリンケンは述べた。

2018年に代理店を引き継いだAzoulayによると、ワシントンはそれ以来「中東に関する決議について合意に達することができた」と指摘した。

「イスラエルに関しては、私たちのドアは開いています」と彼女は付け加えた。

昨年12月、両党の議員がユネスコへの資金提供の再開を許可する新しい法律に投票したとき、米国はすでに動き出していた。

米国がユネスコを辞めて、後に戻ってくるのは2回目です。

ロナルド・レーガン大統領は、「私たち自身のものに反対する貧弱な管理と価値観」を理由に1984年に米国のメンバーシップを撤回し、2002年にジョージ・Wの下で再加入しました。イラクでの戦争を開始する準備をする際に、国際的な同盟国を必要としていたブッシュ。

https://www.rfi.fr/en/international/20230613-united-states-asks-to-rejoin-unesco-audrey-azoulay-interview

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks